宇多田ヒカル、8年ぶりライブに感慨「お待たせしました」
宇多田ヒカル、8年ぶりライブに感慨「お待たせしました」  ニフティニュース
(出典:ニフティニュース)



(出典 pbs.twimg.com)


宇多田ヒカルが8年ぶりのライブを11/6からスタートしました。

1 ひかり ★

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルが6日、横浜アリーナで12年ぶりとなる国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』(全12公演)をスタートさせた。
宇多田がライブを行うのは、2010年12月9日のデビュー記念日に同所で“人間活動専念”(活動休止)前最後のコンサートを開催して以来8年ぶり。16年4月に再始動後初となる。

 8年前、マイクを置いてステージを後にした横浜アリーナから久々のツアーをスタートさせた。宇多田は冒頭「こんな悪天候の中、来てくれてありがとう。最後にここでコンサートを
開いてから、ちょうど8年。お待たせしました。本当に待っててくれてありがとう」と感慨深げにあいさつ。

 続けて「皆さん、8年経っていれば、いろいろなことが、良いことも、悪いこともあったと思いますが、それは心の片隅において、今日は目一杯楽しんでいきましょう」と呼びかけると、
会場はこの日を待ち焦がれていたファンからの「おかえりー」の声で包まれた。

 公演中には、お笑い芸人で作家の又吉直樹とともにツアータイトル『Laughter in the Dark』をテーマにして制作したショートムービーも披露。名曲も惜しみなく披露し、
観客を宇多田ワールドに引き込んだ。

 あすも同所で行われ、福岡、名古屋、大阪、埼玉を経て、12月9日のデビュー20週年記念日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールでファイナルを迎える。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000358-oric-ent

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)





24

>>1
8年ぶりとかライブ好きじゃないんだろうな
金儲けで渋々か


44

>>1
二の腕逞しいな

(出典 pbs.twimg.com)


16

アジア全般に媚びたヒカル


49

>>16
昔はアジアなんか見向きもしてなかったのにな


20

お金が必要になるとやって来て
稼いで海外で男と暮らす!
なかなかいい人生やん

だが歌が劣化したよなぁ


43

>>20
金には困ってないだろ。
親が権利関係を抑えてたから、全盛期はとんでもない稼ぎだったろうし、
今でも印税やら何やらで普通に暮らせるだろ。


111

>>20
金が必要だからってより承認欲求満たしたくなったら来るんだろ
腹減ったら飯喰う感覚


23

ロック・クィーン浜田麻里伝説

・  人生最初の記憶は、美空ひばりのコンサート、当時2歳だった
・  理髪店を営む両親のもとで育つ。因みに当時ご近所に住んでいた三波春夫もお客さんだった。
・ 小学生の時、友達の付き添いで女優のオーディションに参加、そこで自慢の歌を披露したら何故か音楽学校の特待生になる
・ 15歳にしてスタジオボーカリストとしてCM曲を歌いまくって影のCM女王となる
・ 某アイドルのデビューに際し、楽譜が読めない某アイドルのお手本を吹き込む
  ⇒その某アイドルは頑張って麻里さんの歌唱をコピーするが、無理がたたってデビュー1年後に喉を壊す
・ 高校時代は、いるのかいないのか分からないほど大人しい上に真面目な超優等生として知られていた
  ⇒そんな麻里さんが、学園祭でいきなりスパッツを履いてヘヴィメタルを熱唱したため優等生の一夜のアバンチュールと学校中で話題になる
・ 高校3年生の時に青山学院大学受験を決意、伝説の歌姫が入学するとの噂が噂を呼び、この年の青学の偏差値は市場最高値を更新する
  ⇒大学2年生の時にプロデビューが決まる。生真面目な麻里さんは「女子大生がチャラチャラしながら音楽をやっていると思われたくない」とあっさり退学
  ⇒伝説の歌姫が青山を去るとの情報が受験生の失望を呼び、青山学院の偏差値バブル崩壊、以後「青山の失われた30年」と呼ばれる低迷期が続く
・ 20歳でプロデビュー、それ以前にしていたスタジオボーカリストの仕事の方が実入りが良かったため、お小遣いが大幅に減った
・ 麻里さんの魔力で、関わったミュージシャンが出世をすることで知られている
   麻里さんを見出して初期作品をプロデュースしたドラマー
    ⇒麻里さんのデビューアルバムプロデュース後に一念発起して自身のバンドを率いアメリカに
    ⇒ビルボードアルバムチャートで24週に渡り200位圏内にランクインという世界的大ヒットを叩き出す
   アンプの音量をこっそり上げて麻里さんに怒られていたバックバンドのギタリスト
    ⇒男版麻里さんともいうべきボーカルを相方にグラミー賞受賞
   同じく、パンツ一丁で麻里バンドのオーディションを受けて採用されたギタリスト
    ⇒別の仲間と結成したバンドがバカ売れしてレコード大賞受賞
   同じくバックバンドのキーボーディスト
    ⇒作曲の才能を麻里さんに見いだされてあれよあれよという間に売れっ子作曲家へ
   麻里さんの依頼を引き受けた米国人プロデューサー⇒麻里さんが最初に尋ねた時は普通の平屋の家に住んでいた
    ⇒その後にプロデュースを引き受けたバンドが世界的の大当たりして何万エーカーの敷地を持つ邸宅に住む大富豪に
・ 半面、麻里さんをDisると恐ろしい呪いが掛かってしまい、麻里さんはそのことで心を痛めている
   麻里さん人気に嫉妬してブリッ子メタルとDisりまくっていた某女性ボーカリスト
    ⇒直後に離婚、10年後に息子がグレた上にパニック症候群を発症し、その後に引退。
   麻里さんをキンキン声と雑誌でDisった某ボーカリスト
    ⇒史上最高の声と言われ英国デビューを果たしながら米国デビューがぽしゃって、しがない英語の先生に
   某国民的人気アイドルの妻
    ⇒麻里さんの衣装をDisったばっかりに人気絶頂だった旦那が裏切者扱いされる嫌われタレントに、自身も「女が嫌いな女」第1位に輝く
・ 身長156cmで華奢な体つきなのにパワフルで、若いときには酔いつぶれた男性ミュージシャンを負ぶって連れ帰ったこともある
・  肺活量は7000cc(成人女性平均の2.5倍!)という都市伝説があるが定かではない
  ⇒ただし、学校の身体検査で機械が壊れたと騒ぎになって何度も図り直されたというエピソードは本当の話
・ 浜田麻里に伝説のライブは存在しない。常に他のボーカリストの伝説のライプ級であるため
  ⇒そのため、ファンは、3時間のライブで1回音を外すと麻里さんの体調を心配し、2回外すとお通夜状態になり、3回外すと「麻里さんはもうダメだ、新潟に移転するしかない!」と発狂する
  (参考: 絶不調ライブのアンコール曲    
(出典 Youtube)
 )
・ 意外にも音楽は普段聞かない、90年にLAでレコーディングしているときにオリコンのランキングを見て一言「BBクィーン(ズ)って何ですか?」
  ⇒なお、当時から現在まで常に浜田麻里のライブに帯同しているギタリスト増崎孝司は、BBクィーンズのメンバーでもある  


84

>>23
すげ~


26

この人


基本


人前で歌うのが

好きじゃないんだと思うよ


31

>>26
下手だからだろうな


92

>>31
これに尽きる。連日公演出来るほどの声量も無い。


33

歌だはライブで聞きたいと思わない
音源で聴きたい


36

>>33
生歌はガッカリアーティストNo. 1


40

>>36
宇多田ヒカル好きって年寄りのジジババしかいないよな
歌詞の世界観がーとかこんなのばっかり
だから歌は下手なのはどうでもいいんだろう


42

>>40
本人がババアだから当然だろ


63

>>40
良くご存知で


34

ライブやらないのはパフォーマーじゃなくて職人気質なんだろうな
誰かと共鳴して高めて作り上げることができない人なんだろう
恐らくプライベートでも、本質的に孤独な人なんだと思う


35

>>34
【音楽】宇多田ヒカルがアジア3カ国のラッパー迎えた新作音源を本日リリース
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541472620/


64

ライヴ慣れしてないからパフォーマンスが微妙なんだよね


67

>>64
ライブやったら
歌下手がバレてネットで話題になっちゃって
それから控えるようになったな


72

今日初めて連れとライブ行ってきたがすごかったぞ。宇多田の生歌の迫力やばかった。MCでふわふわ喋ってるのとのギャップ凄まじかった


73

>>72
宇多田ってとうとう口パク始めたのか?


78

同世代だけど何がいいのかよくわからない


81

>>78
でも興味はあるんだなw


90

昔は知らないけど昨日の生歌はCD聴いてるのと変わらないぐらい上手かったよ


106

>>90
金払ってCDを聴きにいったんだろ

口パクで歌下手バレ対策か


94

千葉住みだけど埼玉アリーナ当たった!


97

>>94
当たったもなにも完売してない


104

>>97
マジか


96

で、結局天才だったの?


98

>>96
普通
早熟だっだけ