キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    2019年12月



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    これは迷惑ですね。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/12/01(日) 08:46:00.66

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00010000-doshin-hok

    出発98分遅れ

    【月形】30日午後6時25分ごろ、空知管内月形町のJR札沼線豊ケ岡駅構内で、
    線路上に男性が侵入しているのを石狩当別発浦臼行き普通列車(1両)の運転士が発見した。
    警笛を鳴らしても立ち退かず、この列車の出発が98分遅れた。同駅から乗った1人を含む
    乗客約10人に影響が出た。

    JR北海道によると、男性は写真撮影のために線路に入っていたとみられる。
    岩見沢署に通報し、警察官が駆けつけた後、立ち退いたという。


    豊ケ岡駅(右上)のホームに入る札沼線の列車=10月19日

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【迷惑】撮り鉄か?・線路で撮影?列車遅らす 警笛にも立ち去らず! 北海道札沼線・豊ケ岡駅】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    リボ払いも考え物ですね。

    1 ばーど ★ :2019/12/01(日) 00:56:05.49

    軽い気持ちで利用してしまうと、一気に返済額が跳ね上がることもあるリボ払い。技術職の40代女性からは、「初めは総額18万円をリボ払いにしたものの、次々と金額が増えて50万円ほどになったことがある」といった声が寄せられた。中には、

    「2年経ってもなかなか残高が減らない。30万円を超えてのリボ払いは、莫大な金利が付くことを知った」(40代女性、技術職)

    と嘆く声も。利用する中で、中々返済出来ない額に膨れ上がってしまうことに気づいたという声もあった。リボ払い最中のショッピングで金利に苦しむケースもある。30代女性は、月に1万円前後の支払いになるよう調整をしていたが、

    「カードを使う度に手数料がどんどん膨らんでいきました。2年経った現在は、毎月の支払い額が約4万円になり、支払い残高も80万円になってしまいました」

    と嘆いている。

    ■「最初にリボ払いで設定したものは変えられない」

    営業職の20代男性も、支払額を毎月5万円に設定し、車のホイールや高額商品を買っていた。その結果、残高が80万円を超えた。毎月約1万円の手数料に苦しんだが、「ボーナスや貯蓄で一気に残りを支払いました」という。

    「月々負担額は一時的に少なくなりますが、後で自分に返ってきます。今では計画的に利用すればよかったと思っています」

    一方、リボ払いの制約に困ったという人もいる。30代女性は学生時代、留学先での1か月間の生活費用としてカードを作った。「返せるかわからなかったので、最初にリボ払いに設定した」というが、

    「留学が終わってから使用した金額は合計で10万円程度。一括で返せる金額だったため、『一括返済に切り替えたい』と希望したが、『最初にリボ払いで設定したものは変えられない』とのことでした」

    と綴る。本来ならば不要な利息を払い続けるはめになったという。

    「なんで国はリボ払いを合法にしているのか理解に苦しむ」

    技術職の50代男性は、ガソリンスタンドで作ったカード会社から「定額払いにしませんか?」と電話があった。「月の限度額を決めていただき、それを超えたら、翌月まとめて払う仕組みです」と言われ、素直に従ったという。ところが数年後、

    「カードを使っていないのに、2万円程度の引き落としがあり、明細書を見ても一括払いになっていたので、カード会社に問い合わせるとリボ払いになっていた。返済するために借り入れを増やすも、逆に返せなくなった」

    という。現在は弁護士を通して、裁判所で再生の手続きをしているという。男性は、

    「自分の勉強不足もあるけれど、なんで国はリボ払いを合法にしているのか理解に苦しむ。説明の段階でちゃんと説明しなかったり、ほぼ騙しに近いやり方をしたりするのはどうなのか」

    と不満を綴っている。

    2019.11.30
    https://news.careerconnection.jp/?p=83266

    (出典 news.careerconnection.jp)


    【【驚き】“リボ地獄”で気づいたこと「30万円を超えると莫大な金利が付く」…「定額払いにしませんか?の電話でリボに変更されていた」】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    ひきこもりの人が告訴したのかな。

    1 ちくわ ★ :2019/11/30(土) 17:55:13.74

    「ひきこもり」が大きな問題となる中、ひきこもりの人たちの自立を支援すると謳う業者が刑事告訴されました。「業者が男性を拉致して地下室に8日間監禁した」と言うのです。

     「8日間地下室に監禁。拉致→監禁」(日記)

     男性は、この日記を監禁されているさなかに綴ったと言います。高橋さん(仮名)。大学卒業後就職せず、実家でひきこもりのような状態で10年間、経済学の研究をしていたといいます。そんな高橋さんの部屋に、去年5月、父親が突然やってきて・・・


     「これからこの人たちのお世話になるから、言うことを聞くように」(父親)

     父親が出て行くと男性4人が入ってきて、高橋さんに部屋を出るよう命じたと言います。

     「父親が出て行ってほしいと言っている。あなたには部屋を使う権利がない」(職員)

     両親が、高橋さんに内緒でひきこもりの人などの自立支援を謳う東京・新宿区の「あけぼのばし自立支援センター」と契約。職員が連れ出しに来たのです。


     センターの案内DVDには、「お連れ出し」と題して・・・

     「お子様と同じ目線で説得します。納得してもらうまで何時間でも対話を繰り返し、必ずや連れ出しを成功させます」(案内DVD)

     ところが実際は、「説得」や「対話」とはほど遠いやりとりが交わされたと高橋さんは言います。

     「私を連れ出す法的根拠はなんですか」(高橋さん)

     「あなたのような未成熟子には何も言う資格はない」(職員)

     「もう本当に言葉を失うというか驚きました」(高橋さん)

     押し問答の末、高橋さんは、知人に電話で助けを求めようとします。すると高橋さんは、男性に押さえつけられたと言います。男性はプロボクサーだといいます。

     「*れてしまうんじゃないかというような恐怖感を覚えました」(高橋さん)

     その後、外に出た高橋さんは、周囲に大声で助けを求めましたが、無理やり車に乗せられたといいます。駆けつけた警察官も助けてくれず、車の中では・・・


     「これは犯罪ですよ」(高橋さん)

     「憲法には教育、労働、納税の三大義務が書いてあるが、1つとしてその義務を果たしていないあなたに、犯罪がどうのこうのと言う資格はない」(職員)

     新宿にある建物に到着すると地下室へ。そこには4つのベッドがあり、高橋さんを挟むようにして2人が、夜には、さらに1人が加わり一晩中監視されたと言います。地下室での生活は8日間に渡ったといいます。

     「ここから出ないと何をされるか分からない恐怖感。それで(食事が)全く喉を通らなかった」(高橋さん)

     センターは、多彩なカリキュラムで95%の就職・自立成功率を謳っていて、両親は700万円を支払っていました。ところが高橋さんは、カリキュラムをほとんど受けず、さらに精神科病院に51日間、強制的に医療保護入院させられたと訴えます。厚労省は、ひきこもり支援のガイドラインで、本人の了解がない強引な連れ出しなどを否定しています。

     高橋さんは29日、センターを運営するクリアアンサーの代表らを暴行や逮捕監禁傷害の容疑で、病院の医師らを監禁などの容疑で刑事告訴しました。

     「支援・治療の名の下に深刻な人権侵害を行っている事実をぜひとも知っていただきたいと思います」(高橋さん)

     「ひきこもりや不登校に悩む親御さんやご本人はたくさんいる。まさに弱っているところに対して、甘言を述べて入っていく。典型的な悪質ビジネスではないか」(代々木総合法律事務所 林治弁護士)

     クリアアンサーは取材に対し、「捜査機関の要請があれば捜査には協力したい。個別の案件については個人情報の関係から、お答えできない」とコメントし、刑事告訴に先立つ民事裁判では「暴行は加えていない。本人の同意なく連れ出すなどしたが、医療保護入院につなげる必要があり、両親の許可を得ていて違法ではない」などと反論しています。

    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3843662.html
    29日19時49分


    【【驚き】“ひきこもり自立支援業者”を告訴! 「拉致され地下に8日間監禁」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    事件なのかな。

    1 ガーディス ★ :2019/11/30(土) 23:16:12.68

     30日午後0時40分ごろ、京都市東山区五軒町の京阪電鉄三条駅の出入り口付近の路上で、男性がパイプ椅子に座って前かがみになったまま動かないと通行人が110番した。男性は病院で死亡が確認された。京都府警東山署が身元を調べている。

     同署によると、男性は60~80歳くらいで身長約160センチ。周囲に持ち物とみられるキャリーバッグなどが10個ほどあったという。
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/89203


    【【仰天】京都京阪三条駅前・「椅子に座ったまま動かない」身元不明男性が死亡!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    中居正広が恩人なんですね。

    1 伝説の田中c ★ :2019/11/30(土) 20:40:18.77

     ベッキーが11月26日放送の『ごごナマ』(NHK総合)で、芸能界の恩人として中居正広の名をあげた。

    「芸能界で頭が上がらない人がいる?」と聞かれ、ベッキーは「出会った人すべてです」としつつ、中居正広の名前をあげた。「お仕事がないときも気にかけてくださったり、(一時休業後)『ベッキーを囲む会をやろう』とか。復帰のときも番組で大変お世話になり、気にかけてくださる優しい先輩」と答える。

     中居の尊敬するところとして、「誰のことも見捨てない」とコメント。

    「共演者もスタッフさんも全員の思いをくみ取って番組を成立させる。それで『俺なんていいんだよ』って。収録でも『早く帰りたいよ』とか言っているけど、台本を見ると書き込みがいっぱいしてあったり。ずっと目標の人です。尊敬します」

     また、ベッキーは笑福亭鶴瓶から「『これからは丁寧に生きなさい』って言われて、それが座右の銘というか、心のテーマになっていますね」と語った。

     一方、かつて有吉弘行から「元気の押し売り」というあだ名を付けられたことに、「ショックだった。みんな大爆笑で『そう思ってたんだ』って……」と回想。

     いまの元気の源はラジオ体操で、「本気で勉強したくて本やDVDを買ってやっている。計算された体操で、朝イチにやると元気が出る。第2もやる」と笑顔を見せた。

     ベッキーは元プロ野球選手の片岡治大と結婚し、現在、妊娠中。子供には「薄味で素材の味がするシンプルなものをあげたい」と語り、「友達の離乳食を手伝った経験があるので活かしたい」と子育ての抱負を語った。

     来春にはママになるベッキー。さまざまな恩人との縁を大切にしているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00010001-flash-ent


    【【仰天】ベッキー、芸能界の恩人は中居正広「誰のことも見捨てない」】の続きを読む

    このページのトップヘ