キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    2019年12月



    (出典 qa.jaf.or.jp)


    対応の仕方が良いですね。

    1 ばーど ★ :2019/12/30(月) 08:04:24.95

     27日午後4時30分頃、松江市宍道町のJR山陰線の踏切で、近くの自営業、土江博美さん(59)ら4人が、踏切内で脱輪していた軽乗用車を見つけ、運転していた高齢の女性を避難させるとともに、車を踏切外に出して事故を防いだ。

     土江さんによると、市立宍道中学校前の踏切の近くを通りかかった際、車を発見。車外に立っている女性に声をかけると「助けてください」と言われたという。

     まず非常ボタンを押した土江さんは、列車が来ていなかったため、通りかかった男性と近くにいた女子中学生2人と協力して車を持ち上げた後、女性を踏切外に避難させ、車を運転して踏切の外に移動させた。「何も考える暇もなく、助けたい一心で体が動いた。事故が起きなくて本当に良かった」と話した。

     JR西日本米子支社の担当者は「列車が見えない状態でも、まず非常ボタンを押した行動はファインプレー。もし列車が近づいていた時は、非常ボタンを押した後、速やかに線路外に避難してほしい」と話していた。

    2019/12/29 14:14 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20191229-OYT1T50098/

    (出典 news.nifty.com)


    【【人助け】島根・踏切脱輪で女性「助けてください」…女子中学生と男性、車持ち上げ女性を救助!】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    随分と方向違いな事してますね。

    1 スタス ★ :2019/12/29(日) 20:41:29.74

     2014年に“ノーベル賞級の快挙”とも言われたSTAP細胞を発見したとして注目を浴びた小保方晴子さん(36)の近況を12月25日発売の週刊新潮(2020年1月2・9日号)が伝えている。
    同誌によると19年の初めころから同棲をはじめ、今は都内の洋菓子店で働いているという。雨の日はお気に入りの「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の傘やレインブーツで通勤しているそうだ。

     驚くのは小保方さんが働いている洋菓子店の評判だ。スイーツ好きの間では「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店なのだ。
    かつてはスイーツを買い求める客で長蛇の列が当たり前という状態だったが、高級住宅街の中にあることもあり、数年前から完全予約制になった。
    2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間。激レア度が増して予約困難の状況になっている。

     こちらの店の名物商品はたくさんあるが、サクッとした生地に濃厚な卵とバニラのクリームが入ったシュークリームが定番。
    直径18cmのモンブランケーキが7000円近くするなど決して安くはないが、食べた人のほとんどがリピーターになるといわれている。

    「地元でも愛されているお店です。売り場面積は4坪ほどで、外観はガラス張りのため、通りすがりに店内をのぞくことができます。
    小保方さんに似た女性が働き始めたのは2カ月前くらいからでしょうか。ある常連さんが『私、パティシエとしていろいろな店で修行を重ねてきたんですよ』と彼女に自己紹介されたと言っていました。
    驚いたその常連さんは冗談で『え? 理化学研究所でSTAP細胞を作製していたんじゃないんですか?』と聞き返そうとしましたが、さすがに失礼だと思ってやめたそうです」(地元住民)

     知名度の高い小保方さんが働き始めたことで、ますます絶品スイーツが入手困難になりそうだ。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/266939

    前スレ


    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577613031/


    【【驚き】STAP細胞・洋菓子店勤務の小保方晴子「私、パティシエとしていろいろな店で修行を重ねてきたんですよ」→常連「えっ」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    今までと違うからね。

    1 ネギうどん ★ :2019/12/26(木) 16:23:10.92

    「芸能生活を続けてきて、最高に充実したなと思っています」

     '19年を振り返って、そう語ったきよしくん。3月には20周年記念両A面シングル『大丈夫/最上の船頭』をリリース。

    【写真】股下長すぎ、素足美しすぎ、氷川きよしの美脚が限界突破

    「『大丈夫』、最初は少し不安だったんです。受け入れてもらえるかなって。演歌ファンの方は、もっと重厚なものを求めているんじゃないかとも思ったけど、氷川きよしは氷川きよしでしかない。ほかの誰にもなれない。自分自身とみんなを励ましたい。そう思ってこの曲に決めました」

     不安は杞憂、25万枚超のロングヒットに。さらに5月には、大阪・新歌舞伎座で13年ぶりの座長公演を行った。

    それほどのギャップがあるのか……と
    「公演中、レコード会社の人が“なんかバズってるんだけど!”と教えてくれて」

     昨年のクリスマスライブ『きよしこの夜』で『限界突破×サバイバー』を熱唱した動画のことだ。

    「約半年前の映像だし、アニメ『ドラゴンボール超』の主題歌だったのは2年前。“なんで今さら?”と思ったけど、でも、あのときは思いきって真っ黒のアイシャドーを自分で入れて。“自分のやりたいことやるから!”って(笑)」

     その動画が、ツイッターで日本1位、世界でも4位に。

    「うれしかったですよ、すごく。ただ、“あの氷川きよしが!?”というみなさんの声にはびっくりしましたね」

     作品に合わせて自分を演じ、歌う。デビュー以来、一貫してきたことが、表現方法を変えただけでこれほどまでに注目された。驚きを隠せなかったという。

    「あの姿に、それほどのギャップがあるのか……と。自分じゃわからなかった。そして、あまりにイメージを作り上げていたことに気づいたんです」

    キャリアと共に増える葛藤
     今年もっとも印象深いのは、日本武道館(7月)と大阪城ホール(9月)での20周年記念ライブだという。

     “演歌界のプリンス”。デビュー以来、愛情と敬意が込められたそのキャッチフレーズは、ずっとついて回ってきた。

    「デビューのときは股旅演歌を歌い、“若いのに珍しい”と、みなさんに盛り上げていただきました。本当にありがたく思っています。ただ、だんだんそのギャップがなくなっていき、ここで落ち着いていていいのかという思いがありました」

     生意気だと思われてはいけない。あまりに自分を出しすぎるのもどうか……。それぞれが持つ“氷川きよし”に誠心誠意、応え続けてきた。しかし10年後、20年後……。自分自身がわからなくなりそうな恐怖感もあった。

    「40歳を過ぎ、歌い手としての成人を迎え、そろそろ自分自身の人生を歌い、自分を生きることをテーマにしてもいいんじゃないかと思ったんです。自分には幼少期から、たくさんのコンプレックスがありました。

     そんな葛藤の中、歌という表現方法を見つけた。歌うことで、そしてみなさんのおかげで、自分の苦悩や悲しみを喜びに変えられた。それを伝え、励ましを与えられる歌手になりたい。いいところばかりを見せるんじゃなく、自分の使命感をしっかり持って歌っていきたい。自分の中で得られた確信です」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191226-00016852-jprime-ent


    【【驚き】氷川きよし「勇気、いりましたね」、新たな自分をさらけ出して得た幸せ!】の続きを読む



    (出典 asset.bengo4.com)


    さてどうなるかですね。

    1 ばーど ★ :2019/12/29(日) 17:48:50.66

    セブン―イレブン・ジャパンは29日、自主的に時短営業をしていた大阪府東大阪市の加盟店オーナーに対し、予定通り31日付でフランチャイズ契約を解除すると通告した。オーナーが明らかにした。セブン本部は店へのクレームが多いことを理由にしているが、オーナーは反発しており地位確認などを求める訴訟を検討するという。

    オーナーはセブン―イレブン東大阪南上小阪店の松本実敏さん(58)。29日午後に大阪市のセブン本部の事務所を訪れ、解除の通告を受けた。

    松本さんは今年2月、自主的に時短営業を始めコンビニ24時間営業問題の議論のきっかけをつくった。

    12/29(日) 17:43
    共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000048-kyodonews-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【セブン】契約解除通告受けている、東大阪のセブン店舗…いらっしゃいませなし、商品ガラガラ、駐車場有料に「舐めているのか」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577402446/


    【【驚き】東大阪・時短セブンイレブンの契約解除 オーナー反発、訴訟検討!】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    色々と工夫しないと寒いと思う。

    1 みんと ★ :2019/12/29(日) 14:16:07.60

     台風15号で甚大な被害を受けた千葉県南部には、今もブルーシートに覆われた家が点在する。壊れた家の修理に時間がかかる上、補助を受けたとしても残りの修理費が払えないため、住み慣れた家を去る人もいる。

     房総半島南端の漁師町、館山市布良(めら)地区。今月26日の夜、橋本博一さん(61)は電気ヒーターの前で手をこすり合わせた。畳をはずしてブルーシートを敷いた床や、はがれた天井板の間からは冷気が吹き込む。「寒くて眠れやしない。苦しいよ」

     台風15号が襲った9月9日、橋本さんは、ひとりで暮らす築約40年の木造2階建ての2階の寝室で轟音(ごうおん)を聞いた。窓をつき破るような強風が吹きつけ、家が揺れていた。

     屋根瓦が飛び、窓ガラスがはずれ、天井板がはがれ落ちた。命の危険を感じて1階に避難し、夜通し廊下にたまった水を玄関にかき出した。全7部屋のうち台所と6畳間をのぞく5部屋が雨にぬれた。

     10日ほど後、やっと停電が解消し、ボランティア約5人の手を借りて屋根にブルーシートを張った。「助かった」と思ったが、雨風が吹くとすぐにはがれ、1カ月で3度張り直した。その後も連日、屋根に上って修理をしたが雨漏りは収まらなかった。近所では修理をあきらめ、地区を離れる人たちもいた。

     9~10月に相次いだ3度の台風で、家はみるみる傷み、全壊と判定された。床は反り返り、壁には白いカビが生えた。エアコンや電気毛布は壊れ、残ったのは電気ヒーター1台だけ。「もう疲れ果てた。*でもいい」。そんな思いも頭をよぎる。

    朝日新聞デジタル 2019/12/28 19:50
    https://www.asahi.com/articles/ASMDW4RX8MDWUDCB00H.html


    【【悲報】千葉・ブルーシートの屋根で年越し「寒くて眠れない」】の続きを読む

    このページのトップヘ