キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 天気


    予報ですね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/04/27(水) 17:54:45.24

    杉江勇次気象解説者/気象予報士/ウェザーマップ所属
    4/27(水) 16:24





    29日(金)は広く雨で気温が低下

    きょう27日(水)は、上空に暖かな空気が残り、日も差した関東地方では特に気温が上がり、群馬県桐生29.9度、熊谷29.1度、東京都心27.7度など、今年一番の暑さとなった所もありました。
    ところが、このあとまた寒暖差がかなり大きくなりそうです。その原因は南岸を通る低気圧、南岸低気圧です。
    あさって29日(金)正午の予想では、九州付近にある前線を伴った低気圧の影響で、西日本は広く雨が降っており、低気圧の北側にあたる九州北部や山陰地方では冷たい北風がかなり強く吹くため、一気に肌寒くなるでしょう。
    そして低気圧は九州付近から東へ進み、午後にかけて、本州の南岸沿いを東進する見込みです。






    関東は午後から冷たい雨

    29日(金)午後6時には、低気圧が紀伊半島の先端付近を通過し、伊豆諸島付近へ向かって東進している予想です。
    関東地方でも昼前後から雨が降り出し、雨とともに北風も強まるため、夕方以降の帰宅時間にかけて気温が急降下し、冬を思わせる寒さとなりそうです。
    さらに注目は、東北地方に小さいながら予想されているみぞれや雪の範囲です。





    下層寒気が流入
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20220427-00293352


    【【気象】 29日(金)は広く雨で気温急降下 関東北部や東北では季節外れの雪も】の続きを読む


    気を付けよう。

    1 影のたけし軍団 ★ :2022/02/13(日) 16:57:41.97

    きょう夕方からあす朝にかけて、東京23区でも大雪となる可能性があり、国土交通省と気象庁は緊急発表を行い、警戒を呼びかけた。

    気象庁によると、きょう夕方からあす朝にかけて、関東甲信地方の広い範囲で雪が降る見込みで、
    東京23区でもあす正午までに降る雪の量は8センチと予想されている。

    国交省と気象庁は、あすの通勤・通学に影響を及ぼす可能性があるとして、注意を呼びかけている。

    また、予想より気温が低くなった場合などは、東京23区も含め警報級の大雪となる恐れがあるとしている。

    大雪となった場合は不要不急の外出を控え、やむをえず車を運転する場合は必ず冬用タイヤやチェーンを装着するよう呼びかけている。
    https://times.abema.tv/articles/-/10014478


    【【気象庁】東京23区に8センチの降雪予想】の続きを読む


    津波注意ですね。

    1 上級国民 ★ :2022/01/16(日) 04:56:42.98

    全国各地で潮位上昇、奄美・岩手に津波警報 気象庁「通常と異なる」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220116-00000004-asahi-soci

     南太平洋のトンガ諸島で発生した大規模な噴火の影響で、15日夜から16日未明にかけて鹿児島県奄美市で1・2メートル、岩手県久慈市で1・1メートルなど、北海道から沖縄・奄美の広い範囲で潮位が上昇した。気象庁は16日午前0時15分に奄美群島・トカラ列島に津波警報、太平洋側の広い範囲に津波注意報を出した。同日午前2時54分には岩手県に出ていた津波注意報を警報に切り替えた。

     同庁は、警報が解除されるまでは安全な場所へ避難するよう呼びかけている。総務省消防庁によると、沿岸部を中心に各地で避難指示が出されているが、16日午前1時45分現在、人的被害は確認されていない。

     気象庁によると、16日午前3時半までに観測された最大波は、北海道浜中町0・9メートル▽福島県いわき市0・7メートル▽茨城県大洗町0・6メートル▽父島(東京都小笠原村)0・9メートル▽静岡県御前崎市0・7メートル▽和歌山県串本町0・9メートル▽高知県土佐清水市0・9メートル――など。

     噴火は15日午後1時ごろ、日本から南約7700キロ離れたトンガ諸島の「フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイ火山」という海底火山で発生。噴煙は高さ約1万6千メートルまで上った。

     同庁は15日午後7時ごろ、噴火の影響について、若干の海面変動がある可能性はあるものの、被害の心配はないと発表していた。だが、深夜になって太平洋側の各地の検潮所で大きな潮位変動が観測されるようになり、防災上の観点から津波情報を使って避難を呼びかけたという。

     16日未明に開いた緊急の記者会見で、同庁は今回の潮位変動について「通常の津波とは異なる」との見解を示した。気圧の上昇とともに潮位の変化がみられたといい、「噴火によるものと考えているが、どういうことが起きたかはわかっていない」としている。

     同庁によると、海外の火山噴火によって国内で潮位の変化が観測されたのは初めてだという。津波警報が出されたのは、2016年11月の福島県沖を震源とする地震以来。(吉沢英将)


    【【日本列島】全国各地で潮位上昇、奄美・岩手に津波警報 気象庁「通常と異なる」】の続きを読む


    寒い訳だね。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/12/27(月) 12:12:04.73

    数年に一度レベルの寒波の影響は関東地方にも出ていて、東京は27日朝、12月として45年ぶりの記録的な冷え込みになりました。

    27日朝の列島は寒波のピークとなり、各地で冷え込みが強まりました。

    全国のアメダスのおよそ9割の地点で最低気温が0度未満の冬日となりました。
    関東は南部を中心に今シーズン一番の冷え込みとなり、東京都心では午前6時台にマイナス2.2度を観測しました。

    東京で12月にマイナス2度台まで下がるのは45年ぶりです。

    埼玉県の越谷や神奈川県の小田原などで12月としては観測史上最も低い気温を観測しました。

    28日にかけて寒波の影響が残るため、厳しい寒さが続く見込みです。体調管理に注意して下さい。
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000239683.html


    【【東京都心でー2.2℃】45年ぶり記録的冷え込み】の続きを読む


    気を付けましょう。

    1 Egg ★ :2021/08/15(日) 11:24:50.83

    連日、大雨となっていますが、15日は前線がやや南に下がり、九州北部を含めて西日本では日本海側を中心に雨が小康状態の所が多くなっています。

     長崎県、佐賀県、福岡県、広島県の大雨特別警報は朝に警報に切り替わりました。

     ただ、これまでに降った雨で九州から東北南部にかけては、広い範囲で土砂災害の危険度が高くなっていて、西日本では氾濫している川があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。

     15日は九州北部や広島県でも雨が小康状態の所が多くなりますが、引き続き危険な場所には近付かないようにして下さい。

     現在、活発な雨雲の中心は東日本の太平洋側に移っています。

     長野県では降り始めからの雨量が600ミリを超えている所もあり、関東甲信では夕方にかけて雷を伴って非常に激しい雨が降る所があり広い範囲で大雨になりそうです。土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒して下さい。

     前線は20日ごろにかけて日本付近に停滞し、前線の活動が活発化する日もありそうです。

     このため、西日本から北日本の広い範囲で雨の量がさらに増え、新たに災害が発生する恐れがあります。

     最新の気象情報をこまめに確認し、急な斜面や増水した川などには近付かないようにして下さい。

    8/15(日) 10:12 テレ朝ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e1ad9b76fa64d4c5fdc1067c3501ece2c5c1884


    【【天気予報】<関東甲信>「大雨」の可能性!夕方にかけ広範囲で】の続きを読む

    このページのトップヘ