キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 天気


    まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事
    まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事  tenki.jp
    (出典:tenki.jp)



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    この時期に初雪が降らない北海道は珍しいとの事です。それだけ地球温暖化が
    進んでる? いつ雪が降るか気になります。

    1 ガーディス ★

    今朝(4日)の北海道は道東や内陸の地域で冷え込みが強まり、札幌と旭川では初氷、網走では初霜が観測されるなど、冬の便りが届きました。
    しかし、道内でまだ一地点も観測していないのが「初雪」。
    11月4日の時点でも全ての観測地点で初雪の観測がされていないのは1990年以来28年ぶりと、今年の雪は記録的に遅い訪れとなっています。

    初氷も初霜も遅い

    今朝の北海道内では、札幌と旭川で初氷を、網走で初霜を観測しています。
    しかし、札幌の初氷は平年より8日、網走の初霜は平年より10日遅く、旭川の初氷は平年より20日も遅い観測で、今年の冬の訪れは非常に遅いものになっています。
    10月頃から沿海州付近で偏西風が蛇行しているため、北海道付近には南からの暖かい空気が入りやすい状態になっており、気温が高く経過しています。
    そのため、平地で雪が降るほどの冷え込みになることがほぼなく、気象台による初雪の観測は昨日(3日)の時点でも未だに一地点もありません。
    この時期に道内で一地点も初雪が観測されていないのは、1990年以来28年ぶりのことです。

    11月上旬も初雪なければ132年ぶり

    1990年は道内のほぼすべての地点が11月10日に初雪となり、道内でシーズン最初の初雪の観測が11月10日となりました。
    この先一週間も暖かい空気が入りやすく、平年より気温の高い日が多くなります。そのため、平地で雪が降る可能性は低く、初雪の便りは来週以降に持ち越しとなりそう。
    もし11月上旬も初雪の観測が全くなければ、1886年以来132年ぶりの記録となります。
    ちなみに、1886年の道内最初の初雪の観測は、札幌と函館の11月18日でしたが、まだこの年はこの2地点しか観測を行っていませんでした。
    その後、1888年に寿都と根室、1889年に旭川と網走で観測が始まり、それ以降の記録では1990年の11月10日が最も遅い記録です。
    平年の初雪が早い道北での観測が始まったのが1889年であることを考えると、今年の冬の訪れはこれまでにないほど遅いものになるかもしれません。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15545031/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【天候不順】天変地異の前触れか? まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事!!@@】の続きを読む



    (出典 www.rsk.co.jp)


    台風25号の進路に注意してください。

    1 みつを ★ :2018/10/05(金) 02:31:39.82 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011658751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    台風25号 沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上
    2018年10月5日 1時56分台風25号 トップ

    大型で強い台風25号は、沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上していて、暴風や高波、大雨などに警戒が必要です。台風の北上に伴い、6日以降は、西日本や北日本でも大荒れとなるおそれがあり、気象庁は早めに備えを進めるよう呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、大型で強い台風25号は、午前2時には沖縄県の久米島の西北西、60キロの海上を、1時間に25キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

    中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いているとみられます。

    この時間、沖縄地方の一部が暴風域に入っていて、各地で非常に強い風が吹いています。

    午前1時前には、那覇市で36.2メートル、鹿児島県の与論島で30.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    台風や前線の影響で沖縄や九州で雨が強まり、午前1時までの1時間には宮崎県西米良村で45ミリの激しい雨を観測しました。

    台風はこのあとも北上し、5日の昼ごろにかけては、沖縄地方で猛烈な風が、奄美地方で非常に激しい風が吹くおそれがあるほか、5日は九州でも非常に強い風が吹く見込みです。

    5日の最大風速は、沖縄地方で35メートル、奄美地方と九州北部で25メートル、九州南部で20メートルと予想され、最大瞬間風速は、沖縄地方で50メートル、奄美地方と九州北部で35メートル九州南部で30メートルに達する見込みです。

    海上は猛烈なしけや大しけとなり、波の高さは沖縄地方で10メートル、奄美地方で9メートル、九州で8メートルと予想され、沖縄地方では、5日朝にかけて高潮による浸水のおそれもあります。

    また、台風本体の雨雲や前線の影響で、沖縄地方や九州を中心に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

    6日午前0時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、九州南部で250ミリ、沖縄地方と九州北部、四国で200ミリ、奄美地方で120ミリと予想され、その後、7日午前0時までの24時間には、四国で200ミリから300ミリ、九州で100ミリから200ミリの雨が降る見込みです。

    気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

    台風は沖縄・奄美に近づいたあと、北東に進路を変え、6日は九州北部を中心に西日本で、7日、日曜日は北日本を中心に雨や風が強まって大荒れとなるおそれがあります。

    気象庁は今後の台風の進路や気象情報に注意し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【来るぞ】(台風25号)沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上 !(5日1時)】の続きを読む


    大型で非常に強い台風24号 那覇で50.8m/sの暴風を観測
    大型で非常に強い台風24号 那覇で50.8m/sの暴風を観測  ウェザーニュース
    (出典:ウェザーニュース)



    (出典 portal.st-img.jp)


    台風24号が猛威を振るっています。刻一刻と状況が変化しますので、
    注意してください。

    1 記憶たどり。 ★ :2018/09/29(土) 07:09:40.43

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00005675-weather-soci

    29日(土)3時現在、大型で非常に強い勢力の台風24号(チャーミー)は、沖縄の南を北上しています。
    沖縄本島地方が暴風域に入っています。

    台風が接近している沖縄本島地方では風が強まっており、慶良間(けらま)空港では5時02分に
    最大瞬間風速48.4m/sの暴風が観測されました。

    ▼台風24号 9月29日(土) 5時推定
     存在地域   宮古島の東約150km
     大きさ階級  大型
     強さ階級   非常に強い
     移動     北 15 km/h
     中心気圧   950 hPa
     最大風速   45 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 60 m/s

    沖縄本島では今日一日 暴風雨が継続

    台風はこの後、少しずつ東よりに進路を変えて、勢力を再び若干強めながら北東に進む予想です。
    既に暴風域に入っている沖縄本島には今日夕方前後、奄美大島には今日深夜に最接近する見込みです。

    沖縄本島接近時の中心気圧は945hPa、奄美大島接近時には935hPaとなる予想で、中心付近の最大風速が50m/sに達するとみられています。

    沖縄本島では、ほぼ丸一日台風の暴風域に入ったままとなる見通しで、風雨の強い状態が続く予想です。
    29日(土)の外出は控えるようにしてください。

    沖縄から離れるとスピードアップ

    その後は上空のジェット気流に乗って加速し、明日30日(日)には非常に強い勢力のまま、四国や近畿に上陸する予想です。

    その後、明後日10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するような進路をとる予想で、全国の広い範囲に大雨や暴風の影響を及ぼすおそれがあります。

    西日本や東日本では、今日29日(土)から秋雨前線の活動が活発になって、台風接近前から雨が強まる所がありそうです。

    総雨量は多い所で400~500mmに達する予想で、土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。
    また、北海道胆振東部地震の影響が大きかった地域でも、明後日10月1日(月)頃に雨が強まり、総雨量は100mmを超える可能性があります。

    中心から離れていても暴風に警戒

    大型の台風のため強風域が広く、また速度を上げることで進路の右側(危険半円)ほど、台風の中心から離れていても暴風のおそれがあります。

    特に、東海地方や関東地方、東北地方の太平洋側では、特に暴風に警戒が必要です。


    29日5時推定の予想図

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【気象】台風24号「チャーミー」、再び勢力を強めながら明日29日沖縄に最接近。30日以降は日本列島を縦断へ。28日3時現在予想
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1538093601/


    【【脅威】台風24号「チャーミー」沖縄で48.4m/sの暴風を観測。明日30日、四国や近畿に上陸へ。29日5時推定予想】の続きを読む


    台風24号発生へ 9月に入り3つ目 日本への影響は?
    台風24号発生へ 9月に入り3つ目 日本への影響は?  ウェザーニュース
    (出典:ウェザーニュース)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    台風24号発生へ(24時間以内に台風へ)日本への影響は?
    これからの情報に注意してください。

    【【注意】台風24号発生へ。9月に入り3つ目。日本への影響懸念】の続きを読む


    25年ぶり“非常に強い”まま上陸のおそれ 気象庁が緊急会見
    25年ぶり“非常に強い”まま上陸のおそれ 気象庁が緊急会見  www.fnn.jp
    (出典:www.fnn.jp)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    25年ぶり“非常に強い”まま上陸のおそれ、気象庁が緊急会見しました。
    進路に当たる地域の方はくれぐれも注意してください。

    1 ばーど ★ :2018/09/04(火) 12:18:24.90


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    2018年最強の台風21号。
    非常に強い勢力のまま、4日、四国から紀伊半島に上陸する可能性が高まっている。

    3日午後6時に避難準備情報が出された、和歌山・那智勝浦町。

    避難所となった小学校には、高齢者や足腰の悪い人が続々と集まっていた。

    避難してきた女性は、「暗くなってきたら、家を出るの難儀だし、早めにと思って」と話した。

    3日午後9時現在、鹿児島・種子島の南東の海上を、時速20kmの速さで北上している、非常に強い台風21号。

    4日には、四国から紀伊半島付近に上陸するとみられ、非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、実に25年ぶりのこと。

    気象庁・黒良龍太主任予報官は、「西日本だけでなく、東日本から北日本にかけても、暴風雨が広い範囲で吹いて、影響が出るおそれがあることから、早め早めの避難と、安全確保行動をお願いしたいと思います」と話した。

    気象庁も緊急会見を開き、警戒を呼びかけている今回の台風。

    特に注意が必要なのは、最大瞬間風速60メートルという猛烈な風。

    25年前の1993年、非常に強い勢力のまま、鹿児島県の薩摩半島に上陸した台風13号。

    この時、各地で暴風雨が吹き荒れ、種子島では、最大瞬間風速59.1メートルを観測。

    建物の倒壊や土砂崩れなどが相次ぎ、死者・行方不明者48人と甚大な被害が出た。

    瞬間風速60メートルの風は、鉄骨構造の建物も変形させるおそれがあり、屋外での行動は極めて危険。

    秋の味覚・ベニズワイガニの漁が解禁された兵庫・香美町。

    色鮮やかなカニが、次々と水揚げされる中、高波で漁船が流されないよう、綱でしっかりと係留する作業が行われていた。

    作業を行った人は、「台風の風がどのぐらい吹くかわからないし、(綱が)切れないことを祈るだけ」と話した。

    列島の広い範囲に、暴風雨をもたらすおそれがある台風21号。

    5日午前0時までに予想される雨量は、東海、近畿、四国で500mm、関東甲信で400mm、最大瞬間風速は、四国、近畿で60メートル、東海でも50メートルの風が吹くおそれがあり、最大級の警戒が必要となる。

    9/4(火) 5:26
    フジテレビ系(FNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180904-00400127-fnn-soci

    11時

    (出典 hailstorm.c.yimg.jp)
    ?t=1536028957

    https://www.jma.go.jp/jp/typh/

    (出典 www.jma.go.jp)

    台風第21号 (チェービー)
    平成30年09月04日11時45分 発表

    大きさ -
    強さ 非常に強い
    存在地域 室戸岬付近
    中心位置 北緯 33度20分(33.3度)
    東経 134度20分(134.3度)
    進行方向、速さ 北北東 45km/h(25kt)
    中心気圧 950hPa
    中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
    最大瞬間風速 60m/s(120kt)
    25m/s以上の暴風域 南東側 190km(100NM)
    北西側 90km(50NM)
    15m/s以上の強風域 南東側 440km(240NM)
    北西側 220km(120NM)

    ★1が立った時間 2018/09/04(火) 06:51:51.27
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536027889/


    【【風速60メートル】2018年最強の台風21号、25年ぶり“非常に強い”まま上陸のおそれ 気象庁が緊急会見】の続きを読む

    このページのトップヘ