キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 天気



    (出典 img.guideme.jp)


    12時33分に38度3分になったみたいですね。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/26(日) 11:46:42.22

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190526/k10011929801000.html

    気象庁によりますと、北海道帯広市で午前11時20分に気温が37度3分に達し、
    平成5年5月に埼玉県秩父市で観測した37度2分を超え、5月として全国で
    最も高い気温の記録を更新しました。


    【【暑い】北海道帯広市で午前11時半ごろに37度3分! 5月の全国最高気温記録を更新!!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    積雪の影響なのか、16人搬送は驚きました。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/09(土) 22:28:15.80 ID:szvlu3Nl0●.net BE:299336179-PLT(13500)


    (出典 img.5ch.net)

    東京都心部では9日朝に気温が氷点下になるなど冷え込み、今シーズンの初積雪を観測した。
    東京23区東部の多い所で1センチの積雪を記録したほか、茨城、千葉両県でも雪が積もった。都内、千葉と神奈川の両県内では玄関先などで転んだ男女計16人が救急搬送された。

     気象庁によると、都心部で10日朝も予想最低気温が1度となるなど各地で冷え込むとみられ、路面の凍結に注意が必要という。
    10日未明にかけて関東北部の山沿いなどでまとまった雪が降り、11日も東京で雪の可能性があるとしている。

     10日午後6時までの24時間の予想降雪量は多い所で関東北部の山沿い15センチ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000070-kyodonews-soci


    【【驚き】《最強寒波の爪痕》東京都内で積雪1センチ、転倒などで16人救急搬送へ!!】の続きを読む



    (出典 www.news24.jp)


    明日関東で雪が降りそうですので、注意してください。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/08(金) 08:01:31.82

    3連休初日の9日は、関東の広い範囲で雪が降り、大雪のおそれもでてきた。

    9日は、関東地方に低気圧が近づき、また、上空には強い寒気が流れ込むため、関東地方の広い範囲で雪が降る見込み。

    9日は、関東の広い範囲でまとまった雪が降り、平野部でも大雪のおそれがある。
    東京23区でも、雪の積もる所がある見込みで、交通機関が大幅に乱れるほか、スリップ事故などのおそれもあるため、早めの備えが必要。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15990836/
    2019年2月8日 5時37分 日テレNEWS24


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【注意】3連休初日のあす 関東で大雪のおそれも 東京23区でも雪の積もる所がある見込み!!】の続きを読む


    まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事
    まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事  tenki.jp
    (出典:tenki.jp)



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    この時期に初雪が降らない北海道は珍しいとの事です。それだけ地球温暖化が
    進んでる? いつ雪が降るか気になります。

    1 ガーディス ★

    今朝(4日)の北海道は道東や内陸の地域で冷え込みが強まり、札幌と旭川では初氷、網走では初霜が観測されるなど、冬の便りが届きました。
    しかし、道内でまだ一地点も観測していないのが「初雪」。
    11月4日の時点でも全ての観測地点で初雪の観測がされていないのは1990年以来28年ぶりと、今年の雪は記録的に遅い訪れとなっています。

    初氷も初霜も遅い

    今朝の北海道内では、札幌と旭川で初氷を、網走で初霜を観測しています。
    しかし、札幌の初氷は平年より8日、網走の初霜は平年より10日遅く、旭川の初氷は平年より20日も遅い観測で、今年の冬の訪れは非常に遅いものになっています。
    10月頃から沿海州付近で偏西風が蛇行しているため、北海道付近には南からの暖かい空気が入りやすい状態になっており、気温が高く経過しています。
    そのため、平地で雪が降るほどの冷え込みになることがほぼなく、気象台による初雪の観測は昨日(3日)の時点でも未だに一地点もありません。
    この時期に道内で一地点も初雪が観測されていないのは、1990年以来28年ぶりのことです。

    11月上旬も初雪なければ132年ぶり

    1990年は道内のほぼすべての地点が11月10日に初雪となり、道内でシーズン最初の初雪の観測が11月10日となりました。
    この先一週間も暖かい空気が入りやすく、平年より気温の高い日が多くなります。そのため、平地で雪が降る可能性は低く、初雪の便りは来週以降に持ち越しとなりそう。
    もし11月上旬も初雪の観測が全くなければ、1886年以来132年ぶりの記録となります。
    ちなみに、1886年の道内最初の初雪の観測は、札幌と函館の11月18日でしたが、まだこの年はこの2地点しか観測を行っていませんでした。
    その後、1888年に寿都と根室、1889年に旭川と網走で観測が始まり、それ以降の記録では1990年の11月10日が最も遅い記録です。
    平年の初雪が早い道北での観測が始まったのが1889年であることを考えると、今年の冬の訪れはこれまでにないほど遅いものになるかもしれません。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15545031/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【天候不順】天変地異の前触れか? まだ初雪ない北海道 28年ぶりの珍事!!@@】の続きを読む



    (出典 www.rsk.co.jp)


    台風25号の進路に注意してください。

    1 みつを ★ :2018/10/05(金) 02:31:39.82 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011658751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    台風25号 沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上
    2018年10月5日 1時56分台風25号 トップ

    大型で強い台風25号は、沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上していて、暴風や高波、大雨などに警戒が必要です。台風の北上に伴い、6日以降は、西日本や北日本でも大荒れとなるおそれがあり、気象庁は早めに備えを進めるよう呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、大型で強い台風25号は、午前2時には沖縄県の久米島の西北西、60キロの海上を、1時間に25キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

    中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いているとみられます。

    この時間、沖縄地方の一部が暴風域に入っていて、各地で非常に強い風が吹いています。

    午前1時前には、那覇市で36.2メートル、鹿児島県の与論島で30.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    台風や前線の影響で沖縄や九州で雨が強まり、午前1時までの1時間には宮崎県西米良村で45ミリの激しい雨を観測しました。

    台風はこのあとも北上し、5日の昼ごろにかけては、沖縄地方で猛烈な風が、奄美地方で非常に激しい風が吹くおそれがあるほか、5日は九州でも非常に強い風が吹く見込みです。

    5日の最大風速は、沖縄地方で35メートル、奄美地方と九州北部で25メートル、九州南部で20メートルと予想され、最大瞬間風速は、沖縄地方で50メートル、奄美地方と九州北部で35メートル九州南部で30メートルに達する見込みです。

    海上は猛烈なしけや大しけとなり、波の高さは沖縄地方で10メートル、奄美地方で9メートル、九州で8メートルと予想され、沖縄地方では、5日朝にかけて高潮による浸水のおそれもあります。

    また、台風本体の雨雲や前線の影響で、沖縄地方や九州を中心に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

    6日午前0時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、九州南部で250ミリ、沖縄地方と九州北部、四国で200ミリ、奄美地方で120ミリと予想され、その後、7日午前0時までの24時間には、四国で200ミリから300ミリ、九州で100ミリから200ミリの雨が降る見込みです。

    気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

    台風は沖縄・奄美に近づいたあと、北東に進路を変え、6日は九州北部を中心に西日本で、7日、日曜日は北日本を中心に雨や風が強まって大荒れとなるおそれがあります。

    気象庁は今後の台風の進路や気象情報に注意し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【来るぞ】(台風25号)沖縄地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上 !(5日1時)】の続きを読む

    このページのトップヘ