キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 天気



    (出典 tr.twipple.jp)


    これって都心だけなのかな。

    1 幻の右 ★ :2019/07/14(日) 17:57:11.66

    東日本と北日本の太平洋側は先月末から曇りや雨の日が多く、東京の都心では、日照時間が3時間未満の日が13日までで17日連続となりました。これは日照不足となった31年前の昭和63年以来です。

    日照時間の合計 都心が平年の7%
    気象庁によりますと、オホーツク海高気圧の影響などで東日本と北日本の太平洋側を中心に湿った空気が流れ込んで、先月末から曇りや雨の日が多くなっています。

    13日までの10日間の日照時間の合計は、さいたま市が2時間で平年の5%、東京の都心が2.9時間で平年の7%、前橋市が3.5時間で平年の9%、福島市が12時間で平年の34%などと大幅に少なくなっています。

    このうち東京の都心では、先月27日から13日までの17日連続で、1日の日照時間が3時間未満となりました。
    “関東~北海道で農作物に被害”の昭和63年以来
    日本気象協会によりますと、東京の都心で17日連続で日照時間が3時間未満となったのは、日照不足が続いた影響で関東から北海道にかけて農作物に被害が出た31年前の昭和63年以来です。
    このあとも1週間程度 曇りや雨の日が多くなる
    気象庁によりますと、北日本と東日本の太平洋側ではこのあとも1週間程度、曇りや雨の日が多くなる見通しで平年よりも日照時間が少なく、気温も低くなるところがあると予想されています。

    気象庁は引き続き、農作物の管理などに十分注意するよう呼びかけています。

    2019年7月14日 17時51分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190714/k10011993171000.html


    【【驚き】都心で記録的な日照不足 昭和63年以来!!】の続きを読む


    東京都心 5日連続で25度未満 7月では26年ぶり(日直予報士) - tenki.jp
    東京都心の最高気温は、9日(火)で5日連続25度未満に。7月において5日以上連続で25度未満は、1993年以来26年ぶり。
    (出典:tenki.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    作物に影響が出るかな。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/09(火) 15:37:14.64

    https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/07/09/5211.html#sub-title-a


    (出典 storage.tenki.jp)

    東京都心の最高気温は、9日(火)で5日連続25度未満に。7月において5日以上連続で25度未満は、1993年以来26年ぶり。


    (出典 storage.tenki.jp)


    6月28日頃から、夏の太平洋高気圧は、本州付近への張り出しが弱くなっています。一方で、オホーツク海高気圧が出現し、
    北日本付近へ張り出すようになりました。
    関東地方には、オホーツク海高気圧から吹き出す冷涼な空気の流れ込みが続いています。東京都心の最高気温は、
    7月5日から25度に届く日はなく、9日(火)も、午後3時までの最高気温は21度8分でした。25度未満の日が5日連続したことになります。
    東京都心で、7月に25度未満が5日以上連続するのは、1993年以来26年ぶりです。※1993年は、8日連続でした。


    1993年の夏といえば

    1993年の夏といえば、記録的な冷夏により、米が不作でタイなどから緊急輸入した年です。
    この年の7月は、オホーツク海高気圧の勢力が強く、その状態が8月の前半にかけて続きました。

    気象予報士が振り返る「平成の災害」で、この年の夏を振り返っています。
    https://tenki.jp/suppl/tenkijp_labo/2019/04/22/29017.html
    https://tenki.jp/suppl/tenkijp_labo/2019/04/22/29018.html


    今年は?

    今年は、7月下旬になると、太平洋高気圧は本州付近に張り出してくる見込みです。7月20日から8日2日にかけての平均気温は、
    全国で、ほぼ平年並みの予想です。8月の平均気温も、全国で、ほぼ平年並みでしょう。夏らしい暑さの日が多くなりそうです。


    【【驚き】東京都心、5日連続で25度未満。7月ではタイ米緊急輸入の1993年以来26年ぶり!!】の続きを読む



    (出典 matomedane.jp)


    59万人と大きな避難指示ですね。

    1 ばーど ★ :2019/07/03(水) 11:47:00.03

    ■鹿児島市 全域27万5000世帯に避難指示 直ちに非難を

    鹿児島市は、この大雨で土砂災害が発生するおそれが高まっているとして、市内全域の27万5287世帯、59万4943人に対して出していた避難勧告を、午前9時35分、「避難指示」に切り替えました。

    5段階の警戒レベルのうち警戒レベル4にあたる情報で、直ちに全員避難するよう呼びかけています

    2019年7月3日 9時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190703/k10011980041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)

    -------------
    ■気象庁 大雨特別警報発表の可能性も「自分の命 守る意識を」

    気象庁は4日午前、臨時の記者会見を開き、「場合によっては大雨特別警報を発表する可能性もある」としたうえで「みずからの命はみずからが守るという意識を持って特別警報の発表を待つことなく早めに避難してほしい」と呼びかけました。

    気象庁予報課の黒良龍太主任予報官は午前10時から臨時の記者会見を開き、「これからあすにかけてより一層大雨になって災害発生のおそれが高まる見込みだ。非常に激しい雨が同じ地域で数時間続くような場合には大雨特別警報を発表する可能性もあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒してほしい」と述べました。

    そのうえで「住民の方々はみずからの命はみずからが守るという意識を持って、周囲の雨の強まりを確認してもらいたい。各地の気象台が発表する警報など気象情報に注意するとともに、市町村の避難勧告などに従って、自分の命、大切な人の命を守るために、特別警報の発表を待つことなく、早め早めの避難、安全確保をお願いしたい」と呼びかけました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    2019年7月3日 10時04分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190703/k10011980061000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    ★1が立った時間 2019/07/03(水) 09:48:51.50
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562118161/


    【【危険】鹿児島市全域59万人余に避難指示! 大雨で土砂災害のおそれ 直ちに避難を!!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    これは気を付けないと大変ですね。

    1 ばーど ★ :2019/07/02(火) 18:18:11.06

    九州南部を襲う災害級の大雨。

    気象庁は、緊急会見で総雨量が2018年7月の西日本豪雨を上回る可能性があると発表。

    さらに、大雨特別警報についても言及した。

    気象庁予報部予報課の黒良龍太主任予報官は、「自らの命は自らが守らなければならない状況が迫ってきていることを認識し、早めの避難を行っていただきたく」と述べた。

    2日午後2時、気象庁が行った緊急会見。

    その中で、九州を中心に降り続く大雨について、驚くべき見通しが示された。

    黒良龍太主任予報官は、「3日昼前から4日にかけては、ところによっては24時間雨量が、平年の7月1カ月分の雨量を超える記録的な大雨となるおそれがあります」と述べた。

    さらに気象庁は、ところによっては、総雨量が2018年の西日本豪雨を上回る可能性も示唆した。

    降り始めから5日目、大雨の影響は2日も。

    鹿児島県の錦江町では、1時間に73mmの非常に激しい雨が降った。

    至るところに落ちている石や砂。

    降り始めからの総雨量が、2日午後2時までに800mmを超えた宮崎・えびの市では、長期間降り続いた雨で、地盤が緩み始めている。

    鹿児島市では、土砂崩れが発生。

    土砂は、住宅を直撃していた。

    破壊された玄関。

    建物は、土砂の勢いで反対側の崖ぎりぎりまで押し出されたが、けが人はいなかった。

    被害は、鹿児島市にある世界遺産にも及んだ。

    江戸末期、薩摩藩が木炭を生産していた炭窯。

    4年前に、明治日本の産業革命遺産として、世界遺産に認定されたが、土砂崩れにより、ほぼ全壊してしまった。

    降り始めから、329.5mmの雨が降る、宮崎・串間市では、地滑りが起きたのか、山肌の土が見えている山もあった。

    この裏山近くに住む、岡山武志さんに話を聞くと、「10年くらい前に1回土砂が崩れて」と話した。

    住居の裏では、連日の大雨の影響で、裏山の排水パイプからは水が流れ出ていた。

    岡山武志さんは、「これ以上降ったら危ないとか、ちょっと崩れるかなって」と話した。

    岡山久美子さんは、「たまたまこの防災リュックをもらったから。母がいるので、母を連れて出ないといけないんでね」と話した。

    気象庁は2日の会見で、3日、大雨特別警報が出る可能性を問われ、「大雨特別警報の可能性はゼロではありませんが、特別警報を待つことなく、身を守る行動をとっていただきたい」と話した。

    2019年7月2日 火曜 午後5:39
    https://www.fnn.jp/posts/00420157CX/201907021739_CX_CX

    関連スレ
    【LIVE】九州 3日から4日にかけて猛烈な雨 気象庁が緊急会見
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562044019/


    【【九州大雨】3日-4日は「命守らねばならぬ状況」…2018年西日本豪雨を上回る大雨の可能性 気象庁緊急会見!】の続きを読む



    (出典 img.guideme.jp)


    12時33分に38度3分になったみたいですね。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/26(日) 11:46:42.22

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190526/k10011929801000.html

    気象庁によりますと、北海道帯広市で午前11時20分に気温が37度3分に達し、
    平成5年5月に埼玉県秩父市で観測した37度2分を超え、5月として全国で
    最も高い気温の記録を更新しました。


    【【暑い】北海道帯広市で午前11時半ごろに37度3分! 5月の全国最高気温記録を更新!!】の続きを読む

    このページのトップヘ