キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > スポーツ野球



    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)


    大谷翔平選手が新人王獲得しました。良かったです、おめでとう。

    1 ばーど ★

    エンゼルスの大谷翔平選手(24)が12日(日本時間13日)、米国で最も権威のある全米野球記者協会による新人王に選出された。投打二刀流の選手では史上初の受賞。日本人選手では95年野茂英雄投手(ドジャース)、00年佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年イチロー外野手(マリナーズ)に次いで、17年ぶり4人目の快挙となった。

     メジャーでも前代未聞だ。打者として22本塁打、投手として10試合に登板して4勝(2敗)をマークした大谷が、1947年に始まった米国で最も権威がある全米野球記者協会選出の新人王に輝いた。

     大谷はベースボール・アメリカ紙、ベースボール・ダイジェスト誌、USAトゥデー紙でも新人王に選ばれたが、スポーティングニューズ紙だけは27本塁打、92打点をマークしたヤンキースでのM・アンドゥハー内野手(23)を選出していた。

     各フランチャイズ2人ずつ計30人の記者投票中、1位票を25票獲得。5票しかなかったアンドゥハーを圧倒。合計ポイントでも137票を獲得。アンドゥハーの89ポイントを大きく引き離し、日本人4人目の快挙を成し遂げた。


     マイナー契約の招待選手として参加したオープン戦は、2試合に登板も2回2/3で9失点。打っても32打数4安打で長打は0、打点もわずか1と振るわなかった。それでも、エンゼルスは素質を高く評価。3月28日にメジャー契約を結んだ。

     ステップせず、すり足にしたフォームで迎えた開幕のアスレチックス戦。初打席初安打を右前に運んだ。初登板となった4月1日の同じカードでは6回を3安打3失点にまとめ、初勝利をマークした。

     本拠開幕戦の4月3日インディアンス戦からは驚異の3試合連続ホームラン。8日のアスレチックス戦では7回を投げ、1安打12奪三振で2勝目を挙げて一気に全米の注目を集めた。

     4月2日から8日までの週間MVPを受賞すると、4月の月間最優秀新人にも選出された。しかし、6月6日ロイヤルズ戦で右肘を痛め、8日から故障者リスト入り。PRP注射の治療を受けて登板を回避していたが、7月3日以降はDHや代打として復帰した。9月には再び3試合連続本塁打を放つなど、2度目の月間最優秀新人に選出。03年の松井秀喜外野手(ヤンキース)が記録した16本の日本人選手1年目の本塁打数を22本まで大きく塗り替えたのが、新人王受賞の決め手になった。

     3か月ぶりの復帰登板で再び肘を痛め、最終的にトミー・ジョン手術を決断。シーズン終了直後に手術を受けたが、二刀流としての活躍でメジャーの歴史に大きな1ページを飾ったことは間違いない。

     ◆大谷 翔平(おおたに・しょうへい)1994年7月5日、岩手・水沢市(現奥州市)生まれ。花巻東高出身。メジャー希望も2012年ドラフト1位で指名された日本ハムに入団。14年、プロ野球史上初の同一シーズンでの2ケタ本塁打と2ケタ勝利を達成。16年にも10勝、22本塁打をマークしてパ・リーグ優勝と日本一に貢献。リーグMVP、史上初めてベストナインの投手とDHの両部門を同時受賞。同年CSのソフトバンク戦でプロ野球最速の165キロをマーク。昨年12月、ポスティングシステムでエンゼルス入り。193センチ、91キロ。右投左打。

    11/13(火) 9:10
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000059-sph-base

    関連スレ
    【速報】大谷翔平、新人王 日本人17年ぶり4人目の快挙
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542066553/

    ★1が立った時間 2018/11/13(火) 08:49:13.68
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542066553/


    【【快挙】MLB・大谷翔平、新人王に!イチロー以来の日本人17年ぶり4人目…投打二刀流は史上初!www】の続きを読む


    【巨人】山口鉄の引退会見にナインがサプライズ登場「やりきった気持ちです」
    【巨人】山口鉄の引退会見にナインがサプライズ登場「やりきった気持ちです」  BIGLOBEニュース
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 www.nikkansports.com)


    中継ぎで大活躍した山口鉄也投手が引退会見を開いた。
    引退したら次何をするのか気になります。

    1 風吹けば名無し :2018/10/05(金) 18:21:49.22 ID:k5qOLX4Da.net

     巨人の山口鉄也投手(34)が5日、都内で会見を開き現役引退を表明した。決断した理由は左肩痛のためとし「やりきった気持ちでいっぱいです」と話した。

     育成選手として巨人に入団し、9年連続60試合登板の日本記録を樹立。絶対的な左のリリーフとしてチームの2度のリーグ3連覇に大きく貢献した。

     会見冒頭の山口鉄のあいさつは以下の通り。

     「私、山口鉄也は今シーズンをもちまして引退を決意しましたのでご報告させていただきます。13年前にジャイアンツに育成選手として取っていただき、
    何もなかった自分が、13年もの間ジャイアンツのユニホームを着て野球をできると思っていなかったので、とても幸せな日々を過ごせたと思っています。
    今はとてもやりきった気持ちでいっぱいです。ここまでやってこられたのも、一つ一つの素晴らしい方たちとの出会いのおかげだと思っています。本当に自分は
    出会いに恵まれたと思っています。今まで自分を支えてくれた全ての方たち、そして応援してくれた全てのジャイアンツファンの方たちにとても感謝しています。
    13年間楽しいことも苦しいこともいろいろありましたけど、全て野球から教わり、学ばしてもらい、経験させてもらいました。全てが自分にとって財産となりました。
    長い間本当にありがとうございました」

     会見が終わると、サプライズで会場を訪れて別室で待機していた杉内俊哉さん、村田修一さん、内海哲也投手、長野久義外野手、坂本勇人内野手、
    沢村拓一投手、菅野智之投手、宮国椋丞投手が登場。全く知らなかった山口鉄は驚いた表情を見せたが、選手を代表して内海から花束贈呈、沢村から贈る言葉、
    全員からの大きな拍手が送られた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000120-sph-base
    山口鉄(中央)を囲んで笑顔を見せる(前列左から)菅野、内海(一人置いて)杉内、村田、(後列左から)宮国、沢村、坂本勇、長野

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【お疲れ】巨人《育成の星》山口鉄也引退会見にサプライズ! 】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    金足農の吉田輝星投手がプロ志望届提出へ。遂に決心したみたいですね。
    どの球団が指名するかも興味有りますし、将来も楽しみです。

    10 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/04(木) 23:59:16.97 ID:CAP_USER9.net

    >>1詳細

    ■金足農 吉田投手 プロ志望届を提出する意向固める

    2018年10月4日 23時55分

    100回大会となったことし夏の全国高校野球で準優勝し、卒業後の進路が注目されている秋田の金足農業のエース、吉田輝星投手が、プロ志望届を提出する意向を固めたことが関係者への取材でわかりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011658821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    【【朗報】夏の甲子園準優勝《金足農吉田輝星投手》☆プロ志望届提出の意向固める☆!!】の続きを読む


    巨人来季監督、原辰徳氏に就任要請 高橋監督辞任受け3度目指揮へ
    巨人来季監督、原辰徳氏に就任要請 高橋監督辞任受け3度目指揮へ  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)



    (出典 www.sankei.com)


    巨人の来季監督は原氏に決まりそうですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/04(木) 18:16:25.86 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球巨人が、今季限りで辞任を表明した高橋由伸監督(43)の後任候補について、原辰徳前監督(60)で一本化し、すでに就任要請していることが4日、関係者への取材で分かった。
    原氏も前向きとみられ、球団は正式な受諾を得た後に、発表する見通し。原氏は2002~03年、06~15年に続き、3度目の監督就任となる。

    同日、東京都内で取材に応じた原氏は「チームが戦っている最中。現時点で言えることはありません」などと述べるにとどめた。

    原氏は監督在任計12年間で、チームをリーグ優勝に7度、日本一に3度導いた。09年には日本代表監督としてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一になった。

    高橋監督は、原氏が2度目の監督を15年限りで退いたことに伴い、選手を引退し、翌16年に監督に就任。同年はリーグ2位だったが、17年は4位、今季は65勝71敗5分け(3日現在)で3位以下が確定している。

    就任3年間でリーグ優勝を逃した責任をとって、3日に辞意を表明。山口寿一オーナーは後任の監督について、「難しい状況で引き受けてもらう。経験、実績といったことは必要」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000573-san-base
    10/4(木) 18:00配信


    【【決定か】巨人来季監督、原辰徳氏に就任要請!! 原氏も前向きで3度目指揮へwww】の続きを読む


    【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明
    【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明  スポーツナビ
    (出典:スポーツナビ)



    (出典 pbs.twimg.com)


    高橋監督の辞任を受けて、後任には原辰徳氏で一本化したそうです。
    他に居ないのかな? 原氏はまだ引き受けてないよね。断られたら
    どうするんだろうか?

    1 ひかり ★ :2018/10/04(木) 08:21:42.29 ID:CAP_USER9.net

    10/4(木) 2:32配信
    【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明

     巨人の高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することが3日、明らかになった。東京・大手町の球団事務所で山口寿一オーナー(61)が取材に応じ、辞意の申し出を了承したことを明かした。チームはクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残すが、高橋監督は3年契約最終年の今季、優勝争いに絡めなかった責任を痛感。自ら身を引く意思を固めた。後任には原辰徳氏(60)を候補として一本化している模様。4年ぶりに指揮を執ることが有力となった。


     由伸監督が大きな決断を下した。球団事務所で報道陣に囲まれた山口オーナーの口から、衝撃的な言葉が発せられた。「高橋監督から責任を取って辞めたいと話がありました。(指揮した)3年間、優勝から遠ざかっている責任を取りたいという話です」。今季限りで、指揮官がユニホームを脱ぐことを明かした。

     山口オーナーによると、先週、同監督から電話があり、会談を持った席で辞意を伝えられた。チームは3位でのCS進出の可能性を残しており、日本一への道は閉ざされていないが「本人としてはCSに出られるとか、順位が何位になるかではなく、3年間優勝争いに加われなかったことを非常に重く受け止めていた」という。球団側もいったん持ち帰って検討したが、了承するに至ったという。

     15年オフに現役を引退し、監督に就任。指揮官として2年続けて優勝を逃し、今季もゲレーロや野上ら補強組が不発に終わり、9月29日には12年ぶりのシーズン負け越しが決定。指揮官一人の責任とは捉えておらず、同オーナーは「戦力の補強をはじめ、監督に対して十分なバックアップができていなかった。私からは申し訳なく思っていると伝えました」と球団の責任をわびた。その上でフロント体制の見直しにも言及。「GMも含めて、それをどうしていくのかはこれから」と刷新を予告した。

     過渡期のチーム再建を託され、結果を求められつつ、信念を持って若手を積極的に起用。6月から4番に座り続ける岡本を筆頭に、吉川尚、重信らを育て上げた。その手腕を山口オーナーも高く評価。9月12日のオーナー会議後には「十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」と続投に前向きだった。本人の意思が固く、翻意はならなかったが「高橋由伸は、ジャイアンツの宝だと思っています。再びジャイアンツのユニホームを、監督として着てもらうということを願っています」と期待した。

     後任監督には、原氏で一本化していることが本紙の取材で分かった。通算12年で3度の日本一を含む7度リーグ制覇を成し遂げた名将が、高橋監督が芽吹かせたチームを継承する。山口オーナーは後任について「難しい状況で引き受けてもらうことになる。そうすると、やはり経験、実績といったことは必要」と話した理想像とも合致する。

     実現すれば3期目の政権となる。3度、監督に就任するケースは球界でも少ない。この日、都内で取材に応じた原氏は「現時点では何もお話しすることはありません。その言葉しかありません」と話すにとどめた。「新しい体制で今月下旬のドラフト会議には臨みたいと思っている」と同オーナー。早期決定を目指していく。

     ◆原 辰徳(はら・たつのり)1958年7月22日、福岡県大牟田市生まれ。60歳。東海大相模高、東海大を経て、80年ドラフト1位で巨人入団。81年に新人王、83年は103打点で打点王とMVP。95年に現役引退。野手総合コーチなどを経て、2002年に監督就任。03年オフに退団し、06年に巨人監督復帰。09年の第2回WBCで日本代表を世界一に導いた。巨人では指揮を執った12年間でリーグ優勝7度、日本一3度。15年に監督を勇退。今年1月に野球殿堂入りを果たした。181センチ、88キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000008-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538589097/


    【【何と】巨人・後任は原辰徳氏で一本化!《4年ぶり3度目の指揮へ》!!】の続きを読む

    このページのトップヘ