キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > スポーツ野球


    巨人、5年ぶりV プロ野球セ・リーグ - 産経ニュース
    セ・リーグは21日、優勝へのマジックナンバーを「2」としている首位巨人が2位DeNAに3-2で競り勝ち、5年ぶり37度目(1リーグ時代を含め46度目)の優勝を決…
    (出典:産経ニュース)



    (出典 www.jiji.com)


    巨人おめでとう。パ・リーグの優勝争いが面白いですね。

    1 :2019/09/21(土) 21:17:02.49


    (出典 img.5ch.net)

    巨人、5年ぶりV プロ野球セ・リーグ

    セ・リーグは21日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた巨人がDeNAに延長十回、3-2で勝ち、5年ぶり37度目の優勝を決めた。
    1リーグ時代の9度を含めると46度目。今季から巨人で3度目の指揮を執る原監督にとっては通算8度目の優勝となった。

    今季は6月に首位に立つと一度もその座を譲らなかった。8月上旬には一時2位のDeNAに0・5ゲーム差にまで迫られたが、投打のバランス良く、白星を重ねて振り切った。

    日本シリーズ進出を争うクライマックスシリーズ(CS)は10月5日に開幕し、巨人は9日からのファイナルステージでファーストステージの勝者と対戦。
    2012年以来、23度目の日本一を目指す。

    https://www.sankei.com/sports/news/190921/spo1909210051-n1.html

    (出典 www.sankei.com)


    【【優勝決定】プロ野球セ・リーグ 巨人が5年ぶりの優勝!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    田中おめでとう。

    1 牛丼 ★ :2019/08/28(水) 15:57:42.40

    ● マリナーズ 0 - 7 ヤンキース ○
    <現地時間8月27日 Tモバイル・パーク>

     ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、敵地でのマリナーズ戦に先発登板。7回3安打無失点の快投で今季10勝目(7敗)を挙げ、日本人投手初となるメジャーでの6年連続2ケタ勝利を達成した。

     マリナーズの先発は菊池雄星。メジャー1年目の左腕と、日米通じて初の投げ合いになった。序盤から失点を重ねる菊池とは対照的に、田中は初回から丁寧な投球。2回まで2イニング連続3者凡退をマークすると、3回は一死から四球を与えたが、次打者を注文通りの併殺打に退けた。

     4回はこの試合3度目の3者凡退で終えると、5回は二死一、三塁のピンチを招くも0封。5回まで2安打無失点の快投で勝利投手の権利を得た。6-0の大量リードで迎えた6回もテンポ良く3者凡退。7回は先頭打者に二塁打を浴びピンチを招いたが、ここからギアを上げ、後続3人をピシャリと片付けた。

     田中は7回106球、3安打7奪三振無四死球の快投。マリナーズ戦はデビューから無傷の8連勝とし、今季の防御率を4.47に良化させた。

     ヤンキース打線は初回、マリナーズ先発・菊池から、2番・ジャッジが通算100号となる17号2ランを放ち先制。3回は5番・ガードナーが18号3ランを右翼席へ運び、好投する田中を援護した。

     菊池は2被弾含む8安打を浴び、4回5失点で9敗目(5勝)。ヤンキース打線にノックアウトされ、防御率は5.36に悪化した。

    ▼ 田中将大の年度別成績
    14年:13勝5敗/防御率2.77
    15年:12勝7敗/防御率3.51
    16年:14勝4敗/防御率3.07
    17年:13勝12敗/防御率4.74
    18年:12勝6敗/防御率3.75
    19年:10勝7敗/防御率4.47

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00201035-baseballk-base


    【【朗報】田中将大 MLBで日本人初の6年連続2ケタ勝利達成!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    韓国開催だからか。

    1 アンドロメダ ★ :2019/08/28(水) 18:23:43.10

    △海老の金鍔煮だ

    ▼ 【U-18W杯】高校代表が移動時に“日の丸”自粛へ 日韓関係に配慮しロゴなど外す
    ▽チームは国内合宿を打ち上げ、30日のW杯開幕に備える 移動は無地のポロシャツで

    30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は27日、都内のグランドで国内最後の調整を行った。
    この日、対応した日本高野連の竹中事務局長は、日韓関係の悪化の現状を受け、選手たちの安全を1番に考慮し、対応策を打ち出した。

    竹中事務局長は、そのうちのひとつとして、「日の丸が目立つ衣服とか、こういう状況ですから韓国のみなさんの感情を考えて行動しないといけない。明日は無地のポロシャツでいくと。準備はしておいた。ただ(政治と)スポーツとは別物と考えています。混同しないように日本の球児の代表として、ハツラツとしたプレーでアピールしていくということ。1番の交流につながる。真摯にプレーすることを心掛けたい」と説明した。

    ▼写真 日本高野連の竹中事務局長

    (出典 i.imgur.com)


    https://news.goo.ne.jp/article/fullcount/sports/fullcount-516530.html


    【【驚き】U-18W杯・高校代表が移動時に“日の丸”自粛へ 日韓関係に配慮しロゴなど外す!】の続きを読む


    広島バティスタ、ドーピング検査で陽性 今季26本塁打 - 朝日新聞
    プロ野球広島は17日、サビエル・バティスタ外野手(27)が日本野球機構(NPB)アンチ・ドーピング委員会のドーピング検査で陽性だったと発表した。球団は同日、バティスタ ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 portal.st-img.jp)


    今後の動向に注目ですね。

    1 ひかり ★ :2019/08/17(土) 16:46:42.56

     プロ野球広島は17日、サビエル・バティスタ外野手(27)が日本野球機構(NPB)アンチ・ドーピング委員会のドーピング検査で陽性だったと発表した。
    球団は同日、バティスタの1軍選手登録を抹消した。

     NPBによると、バティスタは6月上旬に行われた検査で陽性反応を示した。予備の検体も陽性だったことが16日夜、球団へ通知されたという。今後は本人に
    弁明の機会が設けられ、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会で、処分が検討される方針。禁止薬物については「現段階では差し控える」としている。
     バティスタはドミニカ共和国出身の4年目。今季は103試合に出場して打率2割6分9厘、26本塁打、64打点の成績だった。
    プロ野球でのドーピング違反(NPBの発表などによる)

    【2007年8月10日 ガトームソン(ソ)】
    <使用薬物>薬物使用の痕跡を消す効果のあるフィナステリド
    <処分内容>発毛剤として服用していたとして20日間の出場停止、球団に750万円の制裁金
    【08年5月26日 ゴンザレス(巨)】
    <使用薬物>興奮作用のあるアンフェタミンなど
    <処分内容> 1年間の出場停止
    【08年6月28日 リオス(ヤ)】
    <使用薬物>筋肉増強効果のあるハイドロキシスタノゾロール
    <処分内容>1年間の出場停止
    【11年9月1日 井端(中)】
    <使用薬物>炎症抑制作用のあるプレドニゾロンなど
    <処分内容>治療目的としての再申請を怠ったとして譴責(けんせき)、球団に300万円の制裁金
    【18年8月9日 アマダー(楽)】
    〈使用薬物〉利尿作用があり、ドーピング隠しの目的と疑われるクロルタリドンとフロセミド
    〈処分内容〉6カ月間の出場停止
    【19年6月27日 メネセス(オ)】
    〈使用薬物〉筋肉増強作用のある禁止薬物のスタノゾロール
    〈処分内容〉1年間の出場停止

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM8K56LTM8KUTQP02W.html?ref=rss


    【【驚き】広島バティスタ、ドーピング検査で陽性! 今季26本塁打 球団は登録抹消!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    強いなソフトバンク。故障者続出なのにね。

    1 ひかり ★ :2019/06/23(日) 17:46:53.92

    ● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
    <3回戦・東京ドーム>

     ソフトバンクが巨人を5-1で下し、2年ぶり8度目の交流戦優勝を果たした。

     ソフトバンクは初回、巨人のエース・菅野智之に襲いかかる。先頭の福田秀平が第6号先頭打者本塁打を放つと、甲斐拓也のセーフティスクイズなどで
    4点を先制する。

     4点のリードをもらった和田毅は、4回に岡本和真に第15号ソロを浴びたが、5回を1失点に抑えた。追加点が欲しい打線は、7回に福田がこの日2本目となる
    ソロでリードを広げた。4点となったリードをリリーフ陣が守りきった。

     工藤監督は「練習のときから緊張して、本当に作戦を考えるのが大変だったんですけど、その前に選手が1回に素晴らしいバッティングを見せてくれた。
    しっかり得点を取ってくれたことが、僕自身も楽になりました」と振り返り、「1試合1試合一生懸命やった結果というのが、交流戦の優勝につながった。
    とにかく選手が毎日、集中してシーズンに臨んでくれていることが全てだと思います」と選手たちに感謝した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00193208-baseballk-base


    【【交流戦優勝】ソフトバンク、2年ぶり8度目の交流戦V 工藤監督「一生懸命やった結果」】の続きを読む

    このページのトップヘ