キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > スポーツサッカー



    (出典 soccer-time.net)


    完勝ですね。

    1 久太郎 ★ :2021/03/29(月) 21:39:19.85

    国際親善試合のU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表が3月29日、北九州スタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利を収めた。

     日本は3日前の26日に行なわれた第1戦からスタメン9人を変更。前回に続き先発入りしたのは久保建英と板倉滉の2名となった。

     試合は立ち上がりから日本が積極果敢なプレッシングでペースを掴み、両サイドの相馬勇紀、食野亮太郎の積極的な仕掛けや久保のスルーパスなどからチャンスを窺う。一方、守備では町田浩樹、瀬古歩夢の両CBと田中碧、板倉のダブルボランチを軸にタイトな守備でアルゼンチンにつけ入る隙を与えない。

     すると44分、日本は瀬古のロングフィードに林大地が抜け出し、GKとの1対1を制してゴール右に突き刺す。日本が先制に成功した。前半は日本の1点リードで終了した。

     後半に入り、アルゼンチンも攻撃のテンポを上げて反撃を試みるが、日本は序盤の相手の攻勢を凌ぐと再びペースを掴む。そして68分、日本はCKのチャンスを得ると、久保のクロスに板倉が頭で合わせネットを揺らす。日本がリードを2点差に広げる。

     さらに73分にも再びCKから追加点。やはり久保のクロスから板倉が頭から飛び込み、アルゼンチンゴールに突き刺した。日本が南米王者を突き放す。

     結局、日本は3-0でアルゼンチンに完勝。第1戦の雪辱を果たし、1勝1敗で今回の親善試合を終えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/884af6c95e504084b2f9781cd6da5d08f9ca52c5


    【【サッカー】U-24日本、アルゼンチンとの第2戦に3発完勝! 林先制弾&板倉2発で南米王者にリベンジ成功】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    頑張ってますね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/13(土) 17:26:28.22

    「明治安田生命J1、横浜FC-C大阪」(13日、ニッパツ三ツ沢球技場)

     C大阪のFW大久保嘉人がゴールを決めた。

     1-1で迎えた後半に、右サイドからのクロスに飛び込んだ。

     試合開始前の時点で開幕から4試合で4得点と好調で、これでJ1通算ゴールを190得点とした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c91cb10045b973f8b5036a5e2f8c3b1dc7ff2bb0
    3/13(土) 17:21配信


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/category/j1/game/2021031302/summary
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/category/j1/stats
    得点ランキング


    【【サッカー】C大阪・大久保嘉人が勝ち越しゴール 今季5点目、J1通算190得点目 5試合5得点】の続きを読む



    (出典 i.rubese.net)


    もっと活躍して欲しいですね。

    1 live ★ :2021/02/20(土) 23:08:18.82

    サウサンプトンの日本代表FW南野拓実がまたやってみせた。

    サウサンプトンは20日、プレミアリーグ第25節でホームにチェルシーを迎えた。

    この試合で3試合連続でスタメン出場となった南野。ホームでの2試合目となった試合だが、強豪相手に結果を残す。

    互いにスコアを動かせないまま迎えた33分、ネイサン・レドモンドからのスルーパスをセンターバックの間で受けた南野は、そのまま独走する。

    ボックス内に侵入した南野は、GKエドゥアール・メンディと一対一に。すぐにシュートを打たずにフェイントをかけると、追いかけて来たセサル・アスピリクエタを滑らせることに成功。さらに、クル・ズマも追いかけるのを諦めていたため、空いたコースに冷静に流し込んだ。

    南野はこれで移籍後2点目。一方のチェルシーはトーマス・トゥヘル監督就任後2失点目。1失点目はオウンゴールだったため初めて失点を喫したこととなった。

    南野のホーム初ゴールで先制したサウサンプトンは前半を終えて1-0でリードしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210220-00391991-usoccer-socc


    【【サッカー】南野拓実がチェルシー相手に技ありゴール!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    失点が多過ぎですね。

    1 Egg ★ :2019/11/19(火) 21:30:50

    [11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

     日本代表は19日、パナソニックスタジアム吹田で行われたキリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦し、1-4で敗れた。65年ぶりとなる前半4失点を喫しての記録的惨敗。来年3月に南米予選を控える本気の強豪を相手に、新顔織り交ぜた森保ジャパンはなんとか1点を返すにとどまった。

     14日にカタールW杯アジア2次予選・キルギス戦(○2-0)を終えた後、MF南野拓実(ザルツブルク)ら主力組を中心とした9選手がチームを離れた森保ジャパン。国内組9選手が加わったベネズエラ戦では、キルギス戦から先発8人を入れ替えた。

     ゴールを守るのはコパ・アメリカ以来の先発となるGK川島永嗣(ストラスブール)。4バックは右からDF室屋成(FC東京)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF畠中槙之輔(横浜FM)、DF佐々木翔(広島)が並び、ダブルボランチにはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF橋本拳人(FC東京)が構える。2列目は右がMF原口元気(ハノーファー)、左がMF中島翔哉(ポルト)。2トップにFW鈴木武蔵(札幌)、MF浅野拓磨(パルチザン)が起用された。

     試合の入りはベネズエラが優勢。前半4分、MFダルウィン・マチスのミドルシュートでファーストシュートを放つと、8分に試合が動いた。左サイドのMFジェフェルソン・ソテルドがフェイントで室屋をかわしてクロスを上げると、ファーサイドで佐々木に競り勝ったFWサロモン・ロンドンが頭で押し込んだ。

     日本は徐々にペースを取り戻し、前半14分には中島の守備から柴崎が縦にフィードを送り、抜け出した浅野がチャンスを創出。しかし、相手DFに対応されてCKを得るにとどまった。するとそのCKから室屋のミドルシュートが相手にブロックされると、15分にはカウンターからロンドンに危ないシュートを放たれ、依然落ち着かない展開が続く。

     前半22分、日本は中島の左CKをファーで佐々木が合わせるも、ヘディングシュートはGKウイルケル・ファリニェスがビッグセーブ。25分、右サイドで組み立てから鈴木に浮き球が入り、胸トラップからボレー気味に右足を振り抜いたが、シュートは大きく右上へと外れた。

     するとその後はベネズエラのゴールラッシュ。前半30分、右サイドを切り裂いたマチスとのワンツーからロンドンが右足ダイレクトで決めると、33分にもDFロベルト・ロサレスのクロスをMFジャンヘル・エレラが落とし、ロンドンが決めてハットトリックを達成する。さらに38分、ソテルドが華麗なトラップから華麗なボレーシュートを突き刺し、前半のうちに4点が入った。

     ここまま勢いを取り戻せない日本は、0-4のままハーフタイムを迎えた。日本サッカー協会の公式記録集によると、前半での大量4失点は1954年5月1日に40分ハーフで行われたアジア競技大会のインドネシア代表戦(●3-5)以来、65年ぶり3度目の惨事。満員の観客からは親善試合では異例の大ブーイングが向けられる中、選手たちはロッカールームに戻っていった。

     すると後半開始時、森保一監督は鈴木に代わってA代表デビューのMF古橋亨梧(神戸)、植田に代わってDF三浦弦太(G大阪)を投入。古橋は右サイドハーフに入り、中島がトップ下、原口が左サイドハーフに回った。日本は1分、浅野のスルーパスから中島が抜け出したが、左足シュートは相手GKに阻まれた。

     日本は後半10分、右サイドでパスを受けた室屋の折り返しに中島がダイレクトで合わせるも、ゴール真ん中に飛んだシュートはGKがパンチング。11分、サイド攻撃からのこぼれ球に反応した古橋が左足を振りぬくも、これはゴール右へ。20分、佐々木からのパスを受けた浅野も狙ったが、これもわずかに右へと外れた。

     後半20分、日本は浅野と橋本を下げ、MF山口蛍(神戸)とFW永井謙佑(FC東京)を投入。21分には右サイドを駆け上がった室屋が意表を突いたシュートを放ち、攻勢の勢いを強める。すると24分、左サイドを攻め上がった永井の折り返しから山口がミドルシュートを狙い、相手に当たって軌道が変わったボールがネットに突き刺さった。

     その後はベネズエラが強力なアタッカーを次々と下げたこともあり、日本が主導権を握り続ける展開。それでも32分には中島のパスを受けた古橋がシュートを打てず、34分の絶好機も室屋のクロスが精度を欠き、ゴールには至らない。36分、原口に代わってMF井手口陽介(G大阪)が入ったが最後まで試合は動かず、観衆からは再びブーイング。選手層の厚みを加えることを期した一戦で、主力不在の影響の大きさを感じさせる結末となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-43474184-gekisaka-socc


    【【大敗】65年ぶり4失点! 南野ら不在の森保J、ベネズエラに1-4惨敗!】の続きを読む


    アジア杯MVPは9ゴールで“ダエイ超え”のカタール代表FWアリ、得点王とW受賞 | ゲキサカ - ゲキサカ
    2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ] アジアカップ決勝が1日、UAE・アブダビのザイードスポーツシティ・スタジアムで行われ、日本代表はカタール代表に1-3で敗れ ...
    (出典:ゲキサカ)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本は負けましたね。それにしても凄い選手でした。

    1 pathos ★

    [2.1 アジア杯決勝 日本1-3カタール アブダビ]

     アジアカップ決勝が1日、UAE・アブダビのザイードスポーツシティ・スタジアムで行われ、日本代表はカタール代表に1-3で敗れた。

     試合後には表彰式が行われ、準優勝の日本はフェアプレー賞を受賞した。ベストGK賞はカタール代表GKサード・アルシーブが獲得。アルシーブは日本戦で唯一の失点を喫したが、全7試合フル出場でわずか1失点だった。

     得点王と最優秀選手賞(MVP)はカタール代表FWアルモエズ・アリが受賞。日本戦でも先制点を決め、今大会通算9ゴールとし、元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏を超える大会新記録を樹立した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-24263558-gekisaka-socc

    カタール2選手の「代表資格」は問題なし! AFCが抗議棄却を正式発表

     UAEサッカー協会は準決勝のカタール戦が行われた直後、スーダン出身のエースFWアルモエズ・アリ(22)、イラク出身のDFバサム・アルラウィ(21)の2選手の代表資格に関する抗議文をAFCに提出。FIFA規則における帰化選手の要件を満たしていない疑いがあるという趣旨だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-24203546-gekisaka-socc


    【【凄い】アジア杯MVPは9ゴールで“ダエイ超え”の大会新記録を樹立したスーダン出身FWアリ(22)、得点王とW受賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ