キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > テレビ番組



    (出典 usaponn.com)


    NHKの紅白歌合戦の出場歌手が決定しました。大晦日が待ち遠しいかな。

    1 記憶たどり。 ★

    https://this.kiji.is/435292385622180961?c=39550187727945729

    発表された紅白歌合戦の出場歌手に、原爆Tシャツが問題になった
    韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」は含まれなかった。


    紅白歌合戦 出場歌手が発表
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011710101000.html


    【【朗報】NHKが第69回紅白歌合戦の出場歌手発表!! 42組と、特別企画の1組決定!】の続きを読む



    (出典 utaten.com)


    紅白歌合戦の出場歌手が今日にも発表されます。注目度が高いですね。

    1 湛然 ★

    2018.11.14 05:00
    ユーミン、7年ぶり紅白当確!平成最後の歌合戦、きょうにも出場歌手発表

     紅白にふさわしい国民的アーティストが7年ぶりに舞い戻ってくる。

     ユーミンは今年4月、デビュー45周年アルバム「ユーミンからの、恋のうた。」を発売。9月から始めた全国ツアーは来年4月まで続ける。1972年に荒井由実として「返事はいらない」でデビュー以来、精力的に活動してきたが、今年はさらに輝きを増している。

     4月にはNHKを代表する音楽番組「SONGS」に出演。8月には茨城県で行われたロックの夏フェスに初出場し、同月にはNHK FMの特番でも特集された。9月にはオリジナル全424曲の配信も始め、平成ラストイヤーはまさに“挑戦の年”となった。

     紅白にはこれまで2005年に音楽バンドで初出場し、2011年にはソロで90人の合唱隊とともに「(みんなの)春よ、来い」を歌った。紅白は同年以来となる。

     関係者は7年ぶり3度目、ソロでは2度目となる紅白出場内定について「中高年の長年のファンだけでなく、ユーモアあふれるトークで若い世代にも人気がある。素晴らしい歌の数々だけでなく、人間的な魅力が高いことから紅白出場が決まったようだ」と語る。

     さらに10月には、さまざまな文化分野で業績を上げた個人や団体に贈られる「第66回菊池寛賞」(主催・日本文学振興会)に選出されたばかり。歌手の受賞は1994年の安田祥子(77)、由紀さおり(74)姉妹、2013年のサザンオールスターズに次いで3組目で、男女を通じソロアーティストとしては初となった。

     さまざまな活躍が追い風になったようで、さらに進化したユーミンワールドが新しい年号に“つなぐ”日本に風を巻き起こす。


    2011年以来、7年ぶりの紅白出場が内定した松任谷。平成最後の暮れを彩る

    (出典 www.sanspo.com)


    https://www.sanspo.com/geino/news/20181114/geo18111405000004-n1.html


    【【朗報】ユーミン、7年ぶり紅白へ!平成最後の歌合戦、きょうにも出場歌手発表!!www】の続きを読む


    BTS(防弾少年団)、9日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演見送り
    BTS(防弾少年団)、9日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演見送り  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 up.gc-img.net)


    BTSがミュージックステーション出演中止になりました。メンバーが着ていた
    Tシャツが問題になっている。仕方ない対応と思います。

    1 ニライカナイφ ★

    ☆ 韓ネタスレです

    韓国の7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)が、9日放送のテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」(金曜・後8時)の出演を見送ったことが8日、分かった。番組の公式サイトで発表された。

    同サイトでは「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を、今回は見送らせて頂くことになりました」と報告。理由について「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」とつづった。続けて「ご出演を楽しみにされていた視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

    生放送の番組前日に、出演を取りやめるのは異例中の異例。日本9作目となる最新シングル「FAKE LOVE ―Japanese ver.―」と韓国語曲「IDOL」の2曲を歌唱する予定だった。

    日本では現在、同グループのメンバーが原爆投下を肯定するかのようなTシャツを着た写真が問題となっており、様々な方面で波紋を呼んでいた。

    韓国のネットメディア「Newsen」によると、7人はこの日午後7時半にソウル・金浦空港を出発する大韓航空便で羽田空港に来日する予定だった。空港には多くのファン、報道陣が集まっていた。関係者は「News―」に「出国が取り消された。理由は分からない」と答えたという。

    BTSは13年にデビュー。世界基準の音楽とパフォーマンスを徹底し、5月発売の韓国アルバム「Love Yourself 轉 ’Tear’」、8月発売の「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」が、米国のアルバムチャート「ビルボード200」で連続1位の快挙を達成した。

    現在ワールドツアーを開催中。日本では、13日の東京ドーム公演から全国4大ドームツアー(4都市9公演)を行い、約38万人を動員する予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000214-sph-ent

    **************
    ■出演者変更について
    https://www.tv-asahi.co.jp/music/

    11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回での
    ご出演を今回は見送らせて頂くことになりました。
    以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると
    一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、
    所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、
    当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました。

    ★1:2018/11/08(木) 23:05:01.93
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541709272/


    【【遂に】原爆Tシャツ・韓国・防弾少年団、テレビ朝日・ミュージックステーション出演中止 !!】の続きを読む



    (出典 www.officiallyjd.com)


    イッテQの問題で見解発表した。元々その祭りが以前から計画されていたのかなぁ?
    凄く疑問が有りますね。

    1 ばーど ★

    日本テレビが8日、同局の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後8・00)にでっち上げ疑惑が報じられた件について見解を発表した。番組がラオスの「橋祭り」のセットを設置したことなどは否定した上で、番組演出上「誤解を招く表現があった」とした。また、「今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します」と説明しており、企画自体は存続する。

    同番組では、お笑いタレント宮川大輔(46)がラオスで「橋祭り」に参加した姿が5月20日に放送されたが、現地では「そんな祭りは存在しない」との疑問の声が上がっているときょう8日発売の週刊文春が報じている。

    「橋祭り」として番組で紹介されたのは全長25メートルの細い板を自転車で回転する玉をよけながら渡る催し。ただ、週刊文春によると、日本人駐在員や駐日ラオス大使館は「橋祭り」を「聞いたことがない」という。同誌はコーヒーフェスティバルの片隅で行われた自転車アクティビティーにすぎないとし、タイ人スタッフが日本の番組に頼まれてセットを作ったという話も掲載している。

    同局は「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と報道を否定。「現地コーディネート会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と説明した。

    一方で「この催しについて、コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました」とし、「この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております」と反省した。

    情報・制作局長の加藤幸二郎氏は「イッテQ!はロケの失敗や不成立に関しても、隠さず見せることで、番組をより楽しんでいただけるという姿勢で制作にのぞんでいます。番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く表現があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております。今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します。これからも視聴者のみなさまにご支持いただける番組作りに邁進する所存です」とコメントしている。

    2018年11月8日 13:03
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/08/kiji/20181108s00041000099000c.html

    関連スレ
    【放送】「イッテQにでっち上げ」文春報道 ラオスでの「橋祭り」 日テレ広報部、8日午後1時までに見解★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541633550/


    【【何と】日テレ「イッテQ!」 ラオスの“橋祭りでっちあげ疑惑”で見解発表 「誤解招く表現あった」!!】の続きを読む


    「イッテQにでっち上げ」文春報道 日テレは8日に見解
    「イッテQにでっち上げ」文春報道 日テレは8日に見解  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 goyang88.com)


    何とでっち上げ疑惑が持ち上がっている。人気番組だけにでっち上げだと、イメージ
    も悪くなるね。どんな見解が出るか注目ですね。

    1 ばーど ★

    5月20日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」から。芸人の宮川大輔さん(中央)がラオスの「橋祭り」を訪れるという企画で、障害物の動く玉をよけながら自転車で水上の橋を渡る場面

    (出典 www.asahicom.jp)


    日本テレビで日曜夜に放送中の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」の5月の放送で、ラオスで開かれた「祭り」に芸人が参加した様子を伝えた際、番組が「『祭り企画』をデッチ上げた」とする記事を週刊文春が7日、ネット上で公開した。現地での撮影をコーディネートした会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に対し、経緯の一端を説明した。

     週刊文春が取り上げたのは、今年5月20日の放送。お笑い芸人の宮川大輔さんが、ラオスの首都ビエンチャンで「橋祭り」に参加するという企画だった。ナレーションは「今、橋祭りは東南アジアで大流行。開催される地域ごとにルールを定め、行われている」と説明。地元の参加者に交じって宮川さんが自転車に乗り、球形の動く障害物をよけながら、水上にかけられた橋を渡る様子を伝えた。「今回の祭りでは回転する玉が障害物の目玉として導入されている」とのナレーションも入った。

     これに対し、週刊文春は7日に公開した記事で、地元の関係者の「自転車アクティビティの実施は日本側が提案し、(中略)実現した」という声や、ラオス情報文化観光省の「こうした自転車競技はラオスには存在しません。今回の(『橋祭り』)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか?」「日本側の働きかけで実現した」などの声を紹介。「日テレ看板番組に重大疑惑」との見出しをつけた。

     番組内で「海外コーディネーション」を担当したと表記のあった会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に応じた。ラオスでの番組の撮影をサポートしたことを認めた上で、「自転車で水上にかけた橋を渡る祭りは、ラオスでは以前から、村単位などで行われている。全くないものをでっちあげたわけではない」と説明した。

     障害物として番組に登場した玉については、「テレビで紹介されることになり、祭りを盛り上げ、番組をおもしろくするために、ラオスの美術会社と我々が作ったものだった。撮影前に日本テレビ側にも報告していた」と語った。

     週刊文春の記事によると、日本テレビ広報部は同誌に対し「今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答している。

     朝日新聞は7日、日本テレビに事実関係の確認を求めた。同局は「当社としての見解や事実関係については、11月8日午後1時までを目途に、お知らせします」とのコメントを出した。

     2007年に放送が始まった「世界の果てまでイッテQ!」は、芸人のイモトアヤコさんによるエベレスト登頂企画など、体当たりの海外ロケが人気のバラエティー番組。視聴率が20%を超えることもある。

    2018年11月7日22時51分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLC76TWBLC7UCVL021.html


    【【疑惑】ラオスでの「橋祭り」「イッテQにでっち上げ」文春報道  8日午後1時までに見解!!】の続きを読む

    このページのトップヘ