キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > その他のスポーツ



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    余りに差が有り過ぎるね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/23(土) 21:14:30.58

    結果
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5930
    https://www.nhk.or.jp/figure/


    ■羽生結弦 4回転4本 ミスも即リカバー 合計305・05点でファイナル確定

    11/23(土) 21:01配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000141-dal-spo

     「フィギュアスケート・NHK杯」(23日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

     男子フリーが行われ、SP1位の羽生結弦(24)=ANA=が195・71点、SPとの合計で305・05点を記録した。ミスはあったものの、演技を変更するリカバーで4本の4回転ジャンプを織り込んだ。残り2人の時点でトップに立ち、GPファイナル出場権を確定させた。

     冒頭の4回転ループはこらえた。続く4回転サルコーは着氷。スピン、ステップシークエンスをはさみ、3回転ルッツ、単独の4回転トーループと着氷した。

     そして4回転トーループ-オイラー-3回転フリップの高難度コンビネーションが1つ目のジャンプが抜け単独の2回転トーループになってしまった。

     3回転アクセル-3回転トーループの予定を4回転トーループ-3回転トーループに変更。最後の3回転アクセル-2回転トーループを3回転アクセル-オイラー-3回転フリップに変更した。

     演技終了後は何度かうなずき、納得したような表情を見せた。

     シーズンベストのフリー212・99点、合計322・59点をマークして優勝した今季のスケートカナダでは、冒頭の4回転ループがやや乱れた以外は、各要素で大きな加点を得た。中でも4回転トーループからの連続ジャンプは後半配置のため基礎点が1・1倍されて16・83点、ここに出来栄え点4・07点を加える得点源としていた。


    【【強い】NHK杯・羽生結弦が305.05で断トツ優勝!! GPファイナル出場決定!!】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    2位との差が大きいですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/22(金) 20:41:12

    11/22(金) 20:38配信 THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00094753-theanswer-spo

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が109.34点をマークし、トップに立った。島田高志郎(木下グループ)は75.98点、山本草太(中京大)は74.88点だった。

     王者の貫禄だ。第2グループ、11番滑走でリンクに登場しただけで、会場の空気が変わった。「秋によせて」の旋律に乗せて、冒頭の4回転サルコーは高く、美しく降りた。場内は静寂から一気に大歓声に。続く3回転アクセルも綺麗に決めた。そして4回転トウループ―3回転トウループのコンビもきっちりと降り、拍手が送られた。

     ステップ、スピンでも魅了。演技後は目を閉じ、拍手とプーさんの雨を浴びた。ブライアン・オーサーコーチと抱き合うと、グッと右こぶしを握った。

     羽生はスケートカナダではSPで109.60点。自己ベストには1点足りなかったが、フリーでは世界初のコンビネーション(4回転トウループ―オイラー―3回転フリップ)を決めるなど、212.99点をたたき出し、今季世界最高得点となる322.59点を記録していた。

     表彰台以上でGPファイナル出場が決まるが、羽生が見据えるのは更なる高みだ。自己ベストを、そしてネイサン・チェン(米国)の世界最高得点(323.4点)を超えられるのか23日のフリーからも目が離せない。

    結果
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5901


    【【強い】羽生結弦、NHK杯でSP首位発進! 自己ベスト肉薄の109.34点!】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    世界一おめでとう。

    1 豆次郎 ★ :2019/11/08(金) 02:34:40.98

    11/7(木) 22:20配信
    井上尚弥、判定勝ちでWBSS制覇! バンタム級世界一達成、流血の死闘でドネア撃破


    2団体の同時防衛は日本人初、憧れのドネアを撃破

     ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。


     26歳のモンスターと、一時代を築いてきたレジェンドによる軽量級の新旧スター対決。井上は試合前に「ドネアと決勝で戦えることが誇り。世代交代、それを確実に成し遂げたい」と世代交代を宣言していた。

     井上は、昨年10月のWBSS初戦で元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に70秒KO勝ち。5月の準決勝でも、無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOでリングに沈めた。井上にとってドネアは憧れだった存在。フットワークなども参考にし、2014年11月には対戦相手の対策を伝授してもらう間柄だった。

     36歳のドネアは「フィリピンの閃光」と称される一撃必殺の左フックを武器に、本場・米国で数々のビッグマッチを制してきた世界的レジェンド。しかし、井上を相手に昨年4月以来の敗北で王座陥落となった。

     昨年4月までフェザー級だったが、7年ぶりに2階級下に落としてWBSSに参戦。昨年11月の初戦でライアン・バーネット(英国)を下し、WBAスーパー王座を奪取すると、4月の準決勝でもステファン・ヤング(米国)を左フックでなぎ倒した。試合前は、井上に対し「彼は世代交代の言葉を使っているが、その前に立ちはだかる大きな壁だと思っている」と話していたが、若きスターに敗れる結果となった。

     WBSSとは8人のボクサーがトーナメント形式で争うボクシング版のW杯。現在、4団体が存在するボクシング界では一つの階級で世界王者が複数存在し、誰が一番強いのかわかりづらかったが、階級最強を決める大会として開催された。今回はシーズン2として3階級で実施。井上が参戦したバンタム級は、8人の出場者のうち3団体4人の現役世界王者が名を連ねた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00092813-theanswer-fight

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573141174/


    【【強い】井上尚弥、WBSS ドネアに判定勝利しバンタム級世界一達成!】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    東海大強いですね。

    1 ファイヤーボールスプラッシュ(家) [US] :2019/11/03(日) 13:28:44 BE:231930161-2BP

    sssp://img.5ch.net/ico/u_suberi.gif
    51回全日本大学駅伝

    東海大が16年ぶり2回目の大学駅伝日本一 青山学院大は連覇ならず

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5835


    【【強かった】第51回全日本大学駅伝、東海大が16年ぶり2回目の優勝! 青山学院大は連覇ならず!】の続きを読む



    (出典 030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp)


    間違った方向なんだと思う。

    1 Toy Soldiers ★ :2019/10/29(火) 16:58:33.48

     全日本テコンドー協会と選手が対立している問題で、金原昇会長が検証委員会の聞き取りに対して「こんなに批判される理由が分からない」と主張したことが分かりました。

     全日本テコンドー協会を巡っては28日の臨時理事会で協会のすべての理事が来月末ごろに辞職することが決まりました。
    また、新しい理事を選び直すための検証委員会が発足し、28日に金原会長など協会幹部から話を聞いています。
    その聞き取りに対し、金原会長が「私は一生懸命にやってきた。何でこんなに批判をされるのでしょうか。理由が分かりません」と協会運営は適正だったと主張したことが協会関係者への取材で分かりました。
    金原会長は検証委員会の提案する新しい理事に選ばれなければ、協会を退く考えを示しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191029-00000027-ann-soci


    (出典 www.shimizusouichi.com)


    【【驚き】テコンドー協会・金原会長「何でこんなに批判をされるのか。理由が分かりません」と主張! 】の続きを読む

    このページのトップヘ