キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 政治



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    分かり辛い言葉が好きですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/06(月) 08:18:29.01

    7/6(月) 8:00配信
    スポーツ報知

    再選を果たした小池百合子都知事

     任期満了に伴う東京都知事選は5日投開票され、現職の小池百合子氏(67)が、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の小野泰輔(46)、NHKから国民を守る党(N国)の党首、立花孝志氏(52)らを退け、再選を果たした。

     16年の都知事選時、小池氏は主な公約として「7つのゼロ」を掲げて当選した。うち、〈1〉待機児童ゼロ〈2〉介護離職ゼロ〈3〉残業ゼロ〈4〉都道電柱ゼロ〈5〉満員電車ゼロ〈6〉多摩格差ゼロ―は未達成で、〈7〉ペット殺処分ゼロは、18年度のみイヌ、ネコ殺処分0匹で達成した。

     2期目を狙った今回の都知事選では、「東京大改革2・0」を掲げ、「都民の命を守り、『稼ぐ東京』の実現」「『人』が輝く東京」「『都民ファースト』の視点での行政・構造改革」を軸にした公約を並べている。

     さらに「グレーター東京(大東京圏)構想」「ワイズ・スペンディング(賢い支出)」「フレイル(健康な状態と要介護状態の中間段階)政策」など、難解な横文字を含んだ公約も注目を集めている。

     最大の課題となる新型コロナウイルス感染の第2波への備えでは、東京版CDC創設を要とし、PCRほか各種検査の強化や、ワクチン・治療薬の開発支援強化などを挙げている。

     小池氏が強調する「感染防止と経済活動の両立」を巡っては、「稼ぐ東京の実現」を掲げ、テレワークや時差通勤の制度化やサテライトオフィスの整備を推進する方針だ。また、次世代通信基盤「5G」の整備や、オンライン学習などのデジタル化を急速に進めることなどを示している。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/66d5294e5ddadd6e825c464d2e440a723fbc9e8d


    【【都知事選】再選した小池百合子都知事、難解な横文字公約に注目 グレーター東京? フレイル政策って? (スポーツ報知)】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    大差ですね。

    【【東京都知事選】小池百合子氏、当選確実…NHK出口調査】の続きを読む



    (出典 www.kaerusokuho.net)


    これはかなり酷いですね。

    1 ばーど ★ :2020/07/02(木) 11:37:00.91

    5月に初当選した、神奈川県の小田原市長の選挙公報が批判されています。問題になっているのは市が独自に一人10万円を給付するとも取れる文言で、市長は「だます意図はなかった」と釈明しています。

    小田原市・守屋輝彦市長:「有権者をだますようなことを意図して記載したのではない」
     
    守屋市長は市長選の選挙公報に「市民を守るコロナ対策」として「ひとり10万円」と記載しました。選挙では、新人の守屋市長が544票差で当選しました。

    守屋市長は、当選後の市議会で「ひとり10万円」について質問を受けると「国の給付金10万円を迅速に執行するという意味」と答弁しました。小田原市によりますと、市民からも「独自の10万円はいつ支払われるのか」などといった問い合わせが30件ほど寄せられています。
     
    小田原市・守屋輝彦市長:「小田原市独自で、一人10万円の給付金が別にあると思われたのではないかと指摘を頂いております。その指摘を真摯に受け止めて深く反省しているところ」

    7/2(木) 7:22 テレビ朝日系(ANN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5232fb2aade93b6369965890dbe42ce934ea7f2

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ■他ソース
    小田原市長選、公約で「ひとり10万円」→当選後「国の給付金のこと」と判明…批判の声も
    https://biz-journal.jp/2020/06/post_165360.html


    【【公約】小田原市長選の選挙公報「ひとり10万円」に批判…初当選の守屋市長「だます意図はなかった」と釈明】の続きを読む



    (出典 research.image.itmedia.co.jp)


    小池さんはこう言う言葉が好きですね。

    1 ばーど ★ :2020/06/30(火) 08:05:02.31

    ・「ネクストユニコーン」の意味は?
    ・小池氏の「ネクストユニコーン」発言、ネット上はどう受け止めた?

    6月29日、「ネクストユニコーン」という聞き慣れない言葉がTwitterのトレンドに入り注目を集めました。これは小池百合子東京都知事が、前日に行われた都知事選オンライン討論会で発したキーワードです。

    本記事では「ネクストユニコーン」の意味と、それに対するネット上の反応について解説します。

    「ネクストユニコーン」の意味は?

    小池都知事は討論会の中で、「Q. あなたが東京都知事に当選したら、4年後の東京の姿はどうなっていますか。ビジョンをお聞かせください」という質問に対し、以下のように発言しました。

    「5Gについても大きく進めております。デジタル化、まさしく爆速で進めております。それによってネクストユニコーンをうみ育てる東京にしていきたい。また行政のデジタル化によって都民サービスのクオリティ、質を向上させて参ります。稼ぐ東京を作っていく。」

    「ネクストユニコーン」を理解するために、まずは「ユニコーン」について解説します。

    「ユニコーン(ユニコーン企業)」とは、「企業価値の評価額が10億ドル以上で、未上場のスタートアップ企業」のことを指します。文脈によっては「創業10年以内」や「テクノロジー企業」などの条件が加わることもありますが、簡単に言えば「超有望な未上場ベンチャー企業」のこと。

    このような企業の存在は極めて稀なため、伝説上の生き物であるユニコーンになぞらえて、こう呼ばれるようになりました。過去には上場前のFacebookやTwitterが、現在ではイーロン・マスク氏が率いるSpeceXや民泊サービスのAirbnbなどがユニコーン企業の代表格として知られています。

    小池氏の「ネクストユニコーン」発言、ネット上はどう受け止めた?

    小池氏はこうしたユニコーン企業の存在を前提に、「東京からも次世代のユニコーン企業を生み出していきたい」という考えから、前述の発言に至ったのでしょう。

    この発言を受け、ネット上では29日朝から「ネクストユニコーン」が2000件以上ツイートされるなどしてTwitterトレンド入りする事態に。その多くは「言葉の意味が分からない」「得意の横文字を並べているだけ」などのネガティブな反応でした。

    小池都知事は以前から「ロックダウン」や「オーバーシュート」など、カタカナ語を多用する傾向があり、批判の声が上がっていました。政策の本質的な評価とは異なるかもしれませんが、「万人に理解できる言葉で広く自分の考えを説明する」という点を重視する有権者は多いようで、今回の件も同様の受け止められ方をしているようです。

    2020/06/29 ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/32586/

    (出典 research.image.itmedia.co.jp)


    【小池都知事「ネクストユニコーンをうみ育てる東京にしていきたい」 その意味は ねとらぼ】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    次は麻生さんなのか。

    1 ばーど ★ :2020/06/29(月) 23:14:59.46

    「最近、総理が『もう、疲れたよ』とつぶやくのを聞いた官邸関係者が多くなっています」

    そう語るのは、菅義偉官房長官の側近議員だ。無理もない。東京高検の黒川弘務前検事長をめぐる問題や、河井克行・案里夫妻の逮捕で、内閣支持率は急降下中だからだ。

    安倍晋三首相(65)は、「今井尚哉補佐官らがとりなしても、聞いているのかいないのか、うつろな目をしていることも多い」(同前)という。自民党最大派閥である細田派の中堅議員は、こう話す。

    「総裁4選が不可能なことは、総理もわかっている。いま総理は、退陣後の不安にさいなまれている。政権を岸田文雄党政調会長に禅譲するつもりだったが、新型コロナ対策の給付金をめぐるゴタゴタで、岸田氏は政局勘の鈍さを露呈した。それを見て、安倍総理の不安が増しているようだ」

    そこで急浮上しているのが、「第2次麻生政権」だという。伏線となるのが、6月10日、官邸で1時間にわたっておこなわれた、麻生太郎副総理兼財務相(79)と安倍首相との “サシ” 会談だ。

    「9月の解散総選挙を進言した麻生さんに、安倍総理から “ポスト安倍” について、なんらかの意思確認があったとみられています。

    この会談後、安倍総理が周辺に『次は麻生さんでいく』と、胸の内を明かしたといわれているのです。それは、もし内閣支持率がさらに低下して、政権を維持できない状況になったら、そのときは安倍総理が退き、悩ましい決定を下す際に、ずっと相談相手としてきた麻生さんに引き継ぎたいということ。

    総理にとって麻生さんは、政界でいちばん信頼できる政治家なんです」(自民党関係者)

    背景には、ポスト安倍をめぐる激しい駆け引きがある。

    「二階俊博幹事長は、とにかく自身の幹事長続投が最優先。それが危うくなれば、無派閥議員を率いる菅官房長官と組んで、石破茂元幹事長を担ぐといわれている。そうなれば、自民党は真っ二つに分裂する」(政治部デスク)

    そんななか、6月19日夜に安倍首相、麻生氏、菅氏、甘利明党税調会長が顔を合わせる4者会談が開かれた。

    「石破氏を担ぐ “二階・菅連合” を組ませないようにするため、総理と今井補佐官が呼びかけてセットされた。“本音” が出るような話し合いはなかったようだ」(政治部記者)

    首相経験者なのに、浮世離れした失言や放言で、国民からの批判はおろか、外交問題になりかけたこともしばしばある麻生氏。だが本人は、まんざらでもないようだ。

    「麻生さんは以前から、『安倍がやれるなら、俺もやれるだろ』と言っている。千賀子夫人から政界引退をすすめられても、麻生さんは、『何言ってんだ。あと1期』と返したそうだ。まだ退く気はない」(自民党幹部)

    政治ジャーナリストの角谷浩一氏は、こう憤る。

    「麻生氏は、“古い政治家” の最後の生き残り。約束を守り、周囲を守るから安心感を与える。

    ただ、コロナ対策で財政出動に最後まで反対し、森友問題の再調査を求める35万筆の署名を無視するなど、国民の声にまったく反応できていない。再登板など、国民無視もはなはだしい」

    政権を私物化する「麻生再登板」論は、国民にとって覚めない悪夢だ。

    (週刊FLASH 2020年7月7日号)

    2020.06.29 06:00
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/106335

    (出典 data.smart-flash.jp)


    【安倍首相「もう疲れた…」9月解散説で浮上する「麻生再登板」】の続きを読む

    このページのトップヘ