キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > ゲーム関係


    ゲームファン7100人以上が選んだ“平成のゲーム 最高の1本”、第1位は1995年発売の『クロノ・トリガー』に! - ファミ通.com
    週刊ファミ通が実施したアンケート“平成のゲーム 最高の1本”。第1位に輝いたのは、1995年発売の『クロノ・トリガー』。 広告. 週刊ファミ通2019年5月16日増刊号では、平成 ...
    (出典:ファミ通.com)



    (出典 www.famitsu.com)


    第1位は結構前のゲームですね。

    1 アッキーの猫 ★ :2019/04/22(月) 13:37:10.49

    週刊ファミ通が実施したアンケート“平成のゲーム 最高の1本”。第1位に輝いたのは、1995年発売の『クロノ・トリガー』。

     週刊ファミ通2019年5月16日増刊号では、平成振り返り特集を実施。同特集のなかで、平成時代に発売されたゲームタイトルのなかから、ゲームファンがもっとも心に残った1本を選出するアンケート“平成のゲーム 最高の1本”の投票結果を発表。ここでは、本誌の発売に先んじて、投票結果TOP3を公開する。

    平成のゲーム 最高の1本 TOP3
    第1位:『クロノ・トリガー』(230票)
    スクウェア・エニックス(当時・スクウェア)/1995年(平成7年)3月11日発売/スーパーファミコン

    第2位:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(209票)
    任天堂/2017年(平成29年)3月3日発売/Nintendo Switch・Wii U

    第3位:『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』(205票)
    スクウェア・エニックス/2017年(平成29年)2月23日発売/プレイステーション4

    有効回答数:7158人、集計期間:2019年4月3~8日、ファミ通.comにてアンケートを実施。
    タイトルの発売日・ハードは、日本で初めて発売されたときのものを掲載。

     1989年の平成元年から約30年続いた平成の時代、さまざまなハードで数多くの名作が発売されてきました。いよいよ5月から始まる新時代「令和」に向けて、『週刊ファミ通』では、平成に登場したゲームの中から最高の1本を選出するアンケートを実施。7100人以上ものゲームファンから回答が集まりました。

     1位に輝いたのは、1995年(平成7年)に発売されたスーパーファミコンの名作RPG『クロノ・トリガー』です。“ストーリー、シナリオ、音楽すべてがいまでも色褪せない名作(30代・男性)”、“クロノ(主人公)たちと時を超えて旅をした思い出は一生忘れられない(30代・女性)”など、おもに直撃世代といえる30代から圧倒的に支持されました。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二氏、鳥山明氏、『ファイナルファンタジー』の坂口博信氏が手を組んだドリームプロジェクトに胸を躍らせたファンや、当時画期的だったマルチエンディングで「何周もやり込んだ」と思い出を語るファンからのコメントも多く寄せられました。

     2位にランクインしたのは、2017年(平成29年)にNintendo SwitchとWii Uで発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』です。“このハイラルという土地で生きていると錯覚させられた(20代・男性)”、“見える場所どこでも行けるすばらしさ(50代・女性)”といった、『ゼルダの伝説』シリーズ初で最大の特徴といえるオープンワールドの世界とその完成度の高さに、年齢・性別問わず多くのファンが大絶賛しました。

     僅差で3位となったのが、2017年(平成29年)にプレイステーション4で発売された『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』です。“こんなにも心を動かされたゲームはない(10代以下・男性)”、“このゲームで、言葉にできない感情を知った(20代・女性)”など、とくに10代以下と20代からの得票が多く、ヨコオタロウ氏が手掛ける独特な世界観やシナリオに心を掴まれたファンから熱い声が多数届きました。

     『週刊ファミ通』2019年5月16日増刊号では、本ランキングの上位20タイトルを、投票時に寄せられた思い出のコメントとあわせて発表、年代別のランキングや人気シリーズ別ランキングも紹介しています。そのほか、平成のゲーム業界をあらゆる角度から総括する、全74ページの平成振り返り大特集を掲載しています。

    ※1989年1月8日~回答期限の2019年4月8日までに発売・配信されたゲームタイトルが対象

    ソース
    https://s.famitsu.com/news/201904/22175124.html


    【【驚き】ファミコン通信・“平成のゲーム 最高の1本”、第1位は1995年発売の『クロノ・トリガー』に!】の続きを読む


    【速報】「メガドライブミニ」、収録タイトル40本のうち11~20本目が明らかに! - GAME Watch
    セガゲームスは、9月19日発売予定の「メガドライブミニ」の収録タイトルについて、ファミ通TUBEの配信番組「収録タイトル10本発表!! “メガドライブミニないしょ話”【ファミ通】」 ...
    (出典:GAME Watch)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    収録タイトルの残りが気になりますね。

    1 アッキーの猫 ★ :2019/04/19(金) 08:21:47.67

    セガゲームスは、9月19日発売予定の「メガドライブミニ」の収録タイトルについて、ファミ通TUBEの配信番組「収録タイトル10本発表!! “メガドライブミニないしょ話”【ファミ通】」にて新たな10タイトルを公開した。

     新たに明かされた収録タイトルは下記の通り。なお、次回の情報公開は5月16日19時30分より配信予定の「電撃PS Live」にて行なわれる予定。

    収録タイトル
    ・サンダーフォースIII
    ・スーパーファンタジーゾーン
    ・武者アレスタ
    ・アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス
    ・ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌
    ・ハイブリッド・フロント
    ・ランドストーカー 皇帝の財宝
    ・魂斗羅ザ・ハードコア
    ・ダイナブラザーズ2スペシャル
    ・ゲームのかんづめ お徳用

    各ゲームのスクショはソースページを見てね
    ソース
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1181/031/index.html


    【【朗報】「メガドライブミニ」、収録タイトル40本のうち11~20本目が明らかに!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    名作ゲームが今のゲーム機で遊べるのは、良いかも知れない。

    1 どどん ★ :2019/03/22(金) 18:14:10.57

     「グラディウス」(1985年)や「悪魔城ドラキュラ」(1988年)など、コナミデジタルエンタテインメントの往年の名作ゲームを収録した
    「アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション」(ニンテンドースイッチ、PS4、XboxOne、PC)が4月18日に発売される。
    価格は3000円(税抜き)。

     収録タイトルは「グラディウス」「悪魔城ドラキュラ」のほか、「スクランブル」(1981年)、「ツインビー」(1985年)、「沙羅曼蛇」(1986年)、
    「A-JAX」(1987年)、「グラディウスII GOFERの野望」(1988年)、「サンダークロス」(1988年)の8タイトル。

     同社は今後も往年のゲームをセットにして発売する。「悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション」を今春、
    「魂斗羅 アニバーサリーコレクション」を年内に発売予定。両作品の収録タイトルは後日発表される。

     3タイトルには、ゲームの未公開開発資料や、当時の開発スタッフのインタビューなどを収録した「ボーナスブック」も付く。

    まんたんウェブ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000015-mantan-game


    【【朗報】コナミ「グラディウス」や「悪魔城ドラキュラ」… 名作ゲームがスイッチやPS4で“復活”!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ゲーム参入は良いけれど、その中身がどんな物になるかですね。

    1 僕らなら ★ :2019/03/20(水) 09:49:30.42

     米IT大手グーグルは19日、専用ゲーム機なしで、インターネットを経由してスマートフォンやパソコンを利用しゲームができる新サービス「スタディア」を年内に米国やカナダ、欧州で始めると発表した。新方式によるグーグルの参入で、任天堂とソニー、米マイクロソフトの3強がゲーム機で覇権を争う業界の構図に変化が起きる可能性がある。

     新サービスはストリーミング配信で端末のブラウザーから遊ぶ方式。ゲームソフトをダウンロードする必要はない。最高で「4K」の高画質に対応。専用機器があればテレビにもつなげるという。料金体系は明らかにしていない。(共同)

    https://mainichi.jp/articles/20190320/k00/00m/020/041000c


    【【朗報】グーグルが年内にゲーム参入・・・専用機不要、業界の構図変動も】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    家庭用ゲーム機は面白いと思う。

    1 どどん ★ :2019/03/17(日) 13:03:08.53

    ●17年度の家庭用ゲーム市場は2ケタ成長
    ●触感や振動を再現する新しい遊びが登場
    ●マーケティングに欠かせないコンテンツに

    家庭用ゲーム機が売れています。しかし、盛り上がっているのは家庭内だけではありません。テーマパークにゲームの世界が体験できる施設が登場したり、
    街そのものがゲームの舞台になったりしています。エンターテインメントの枠を超えて、暮らしの隅々に浸透している印象を受けます。なぜでしょうか。
    消費太郎さんの疑問に大岩佐和子編集委員が答えます。

    太郎さん 家庭用ゲーム機が売れていますね。

    大岩さん 2017年3月に売り出された任天堂「ニンテンドースイッチ」が大ヒットしました。ソニーの「プレイステーション4」も全世界での累計出荷台数が
    7900万台を超えました。「スプラトゥーン2」などの人気ソフトがハードの販売を押し上げました。

    ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレイン(東京・中央)によると、17年度の国内の家庭用ゲーム市場(ハード・ソフト)は3878億円で約2割
    伸びました。

    太郎さん スマートフォン(スマホ)ゲームの普及で家庭用ゲームはなくなるかと思いました。

    大岩さん 確かに主戦場はスマホです。ファミ通が17年6月に発表した「ファミ通ゲーム白書」によると、16年の国内ゲーム市場全体は過去最高の
    1兆3801億円となりました。そのうちオンラインゲームが約75%を占めています。

    しかし、通勤電車の中などで遊べるパズルゲームや、常時ネットで他人とやりとりするゲームに飽きたり疲れたりする人も出始めています。そうした人が
    家庭用ゲームの楽しさを再発見しているからです。

    「なんだかんだいって、昔の家庭用ゲームソフトはよくできていた」という声も耳にします。実際「ドラゴンクエスト」や「スーパーマリオブラザーズ」
    など昔からのゲームはよく考えられて作られています。

    太郎さん ゲーム市場は伸び続けますか。

    大岩さん 伸び続けるでしょう。VR(仮想現実)を使った新しいゲームや、触感や振動などを再現するゲームも登場し、新しい遊び方が市場を
    つくり出しています。

    さらにゲームの枠を超えて、暮らしに違和感なく溶け込んでいます。昔から映画や本、アニメが原作のゲームはありましたが、最近はゲームが起点となった映画
    が増えました。「バイオハザード:ザ・ファイナル」はカプコンの人気ゲームを映画化したものです。

    街もゲーム化しています。17年末には、東京・歌舞伎町に街を歩き回って謎を解く「リアル捜査ゲーム『歌舞伎町探偵セブン』」が登場しました。
    「ポケモンGO」は今も地方で観光客の誘致に使われています。

    NIKKEISTYLE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00010005-nikkeisty-bus_all


    【【驚き】「生活必需品」じゃないのに売れる家庭用ゲーム機 】の続きを読む

    このページのトップヘ