キワメタイ

事件、事故、芸能、天気などの総合ニュースや、
5ちゃんねる、Twitterなどをまとめたサイトとなります。

    カテゴリ:ニュース全般 > 将棋


    強いですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/15(日) 20:43:35.75

    5/15(日) 20:17
    デイリースポーツ

    藤井聡太叡王 2連勝で防衛王手!タイトル戦初千日手でも圧倒
     千日手指し直し局に臨む藤井聡太叡王=日本将棋連盟提供
     将棋の藤井聡太叡王(19=竜王、王位、王将、棋聖との五冠)が15日、愛知県「名古屋東急ホテル」で指された第7期叡王戦五番勝負第2局で、出口若武六段(27)に千日手指し直し局の末、75手で勝利した。シリーズ2連勝で叡王初防衛に王手をかけた。

     夕方に同一局面が4回繰り返され、千日手が成立。午後5時過ぎから指し直しとなった。藤井叡王にとってはタイトル戦初の千日手だったが、先手番となり相掛かりに誘導し、圧倒した。

     「序盤で失敗してしまったので、千日手は仕方がない」と話し、「ちょっとリスクの多い指し方で判断が付かない局面が多かった」と振り返った。防衛へあと1勝。「内容をしっかり振り返って、次につなげられたらと思います」と意気込んだ。

     第3局は24日、千葉県柏市「柏の葉カンファレンスセンター」で指される。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc4847ca5c84e696f39c38c11e222794184de107


    【【将棋】藤井聡太叡王 2連勝で防衛王手!タイトル戦初千日手でも圧倒】の続きを読む


    負けたんだね。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/05/06(金) 21:56:56.52

    将棋の藤井聡太五冠(19)=竜王、王位、叡王、王将、棋聖=が6日、大阪・関西将棋会館で指された第70期王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦で、先手の大橋貴洸(たかひろ)六段(29)に敗れた。今期は2戦目で初黒星。

     今年度は、五冠防衛に加えて二冠(王座、棋王)奪取なら七冠まで狙えた藤井だったが、初戦敗退で、永瀬拓矢王座(29)への挑戦は遠く及ばなかった。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c672678e836874ee174b810b245b7e4d1e30af48


    【【将棋】藤井聡太五冠が王座戦トーナメント初戦敗退…今期の七冠達成は消える】の続きを読む


    強いですね。

    1 数の子 ★ :2022/04/28(木) 18:54:48.48

     将棋の藤井聡太叡王(19)=竜王、王位、王将、棋聖と合わせ五冠=に出口若武六段(27)が挑戦する第7期叡王戦5番勝負の第1局が28日、東京都内で指され、先手の藤井五冠が93手で勝った。

     叡王初防衛に向け藤井五冠が好発進。第2局は5月15日に名古屋市で指される。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/14a94c9adf30318ad1dad459985e684c98065872


    【【将棋】藤井聡太五冠が先勝 将棋・叡王戦】の続きを読む


    強いですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/12(土) 18:25:44.15

    2/12(土) 18:24配信
    0
    コメント0件
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア
    スポーツ報知

    渡辺明王将をストレートで破り、五冠を達成した藤井聡太竜王

     将棋の藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖=が渡辺明王将(37)=名人、棋王=に挑戦していた第71期王将戦七番勝負第4局が12日、東京都立川市のソラノホテルで前日から指し継がれ、後手の藤井竜王が勝利し、シリーズ4勝0敗として王将位をストレート奪取した。

     藤井竜王は故・大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人(74=引退)、羽生善治九段(51)に次ぐ史上4人目の五冠を達成した。19歳6か月での五冠は、1993年に22歳10か月で達成した羽生九段の記録を29年ぶりに塗り替える史上最年少記録となった。

     三冠を保持していた渡辺王将との七番勝負はスコアこそ一方的だったが、第1局、第3局、そして本局と熱戦続き。いずれも藤井竜王が正確無比な終盤力を発揮して競り勝った将棋だった。

     藤井竜王は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始めた。16年、史上最年少の14歳2か月で四段(棋士)昇段。翌17年にデビューから無敗のまま史上最多の29連勝を記録した。

     以降も数々の最年少記録を更新し、2020年には初タイトルの棋聖を獲得。今回が7度目のタイトル戦だったが、いまだに敗退知らず。今年は棋聖、王位、叡王、竜王の防衛戦を控えながら、王座挑戦の可能性を残す。

     五冠となり、現実味を帯びてきたのは全八冠同時制覇。1996年に羽生九段が全七冠(当時)を独占して以来の全冠制覇となる。藤井竜王は今後、全ての防衛戦、挑戦でタイトルを獲得し続けると、23年春に史上最年少名人に就くと同時に八冠を達成する可能性がある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8cbf5b3a22407125daa3e83af99aa5f0bcead75


    【【強い】19歳の藤井聡太竜王が史上最年少・4人目の五冠に 渡辺明王将を4連勝で下して達成】の続きを読む


    強いですね。

    1 Egg ★ :2022/01/30(日) 19:24:49.76

    将棋の藤井聡太四冠が渡辺明王将に挑む第71期王将戦7番勝負の第3局は29、30の両日、栃木県大田原市で指され、135手で先手の藤井四冠が勝ち、開幕から3連勝し、タイトル奪取にあと1勝と迫った。

    共同通信 1/30(日) 19:21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cec33520c31e9e1b3519e54d03cf741b998704ca


    【【将棋】<藤井聡太四冠>王将奪取に王手!タイトル奪取にあと1勝】の続きを読む

    このページのトップヘ